FC2ブログ

Latest Entries

図鑑が好きなのだ19 春のお楽しみ

5月の連休に入ってしまいましたが、コロナでステイホームを強いられる今日この頃。

さて、ちょっと遅くなってしまいましたが、4月に恒例のお花見をしました。と、言っても、お酒を飲んだりするのではなく、カメラを持って近所の公園を静かに散策するだけ。もちろん、人もあまりおらずまったく密ではない状態で。

いくつかの種類があって咲く時期も微妙に違います。公園を訪れてもまだ咲いていなかったり、逆に散りかけていたり…

3月22日
210322a.jpg

咲き始めのソメイヨシノ。この日はまだ蕾が多い状態でした。


ここから4月3日
210403a.jpg

ヤエベニシダレ 今が盛りと咲いていました。


210403b.jpg

オオヤマザクラ 方やこちらの花はわずかに残るのみ。


210403c.jpg

スルガダイニオイ 白色の一重


210403d.jpg

オオシマザクラ 新緑が鮮やか!と思ったら、花が新葉と同時に咲く品種。


210403e.jpg

センリコウ 千里香という名前の通り、香がいいのです。クマリンの香にメロメロになりそう。鉢植えが欲しいなあ。


210403k.jpg

ウコン(鬱金) 淡黄緑色の八重 ピンクとは違う清楚さ


210403l.jpg

フゲンゾウ(普賢象)見た目の通り「塩漬け」によく使われるやつらしい


いくつかの桜の品種を集めた場所は日本全国にあるかと思いますが、そんな場所を訪れるときに便利なのがこの1冊。


210501a.jpg

『サクラ ハンドブック』
大原隆明 文一総合出版 1200円+税

厚さ5㎜、B6変形の邪魔にならないサイズです。この本片手に静かにお花見するのも一興。
(ちなみにこのハンドブックはシリーズ構成が「ハエトリグモ」とかけっこうマニアックなものが集まっていて面白いのです!)


















昭和の模様ガラス

実家の古い家をお掃除。

ふと、あちこちにある大きなガラス障子の模様に気付く。

210426a.jpg



210426b.jpg



210426c.jpg



なんだか懐かしい。やはり最近はあまり見かけないように思う。




あけましておめでとうございます

大変な世の中ですが、今年は穏やかな日常が戻りますように。
皆様のご健康とご多幸ををお祈り申し上げます。


201230akabeko.png

本年もよろしくお願いいたします。


2021年 立体カレンダー

2021年の立体カレンダー

Twisted Baumkuchen Calender 2021

201202g.jpg

何なんでしょう、この形。ちょいとひねくれています。ずいぶん前から気になっていた形なのです。

展開図はこちら

→ Spiel Works

(過去のものしか出てこない、という場合はページをリロード(再読み込み)してみてください。)



昨年同様、実際には1枚のつながった展開図にできますが、大きさを優先してぎりぎりまで詰め込みました。
難易度は高くはありませんが、ちょっと面倒くさいです。

ハガキぐらいの厚みのある紙(A4)にフチ無しで印刷(できない場合はPDFなので少し縮小印刷すればよいと思います。)して、折り線に千枚通しなどで筋をつけ、予め折っておきます。

今回、組み立てる順番にややコツがあります。真ん中の部分から組み立てていくと作りやすいのです。それも内側の小さな曲面の方から。

写真のように、まずは2月と5月を貼り合わせるのですが、このとき、矢印のように「のりしろ」の角が位置合わせの基準になります。
この角を合わせて糊付けを進めていきます。

201202a.jpg


貼り合わせたところ

201202b.jpg


同様に5月と8月を貼り合わせます。

201202c.jpg

裏側

201202d.jpg


ここに11月を貼り合わせて蓋をします。ここまでいずれも「のりしろ」の角と角が始点になることにご注意ください。この位置決めがずれるとうまく作れません。

201202e.jpg


言い忘れていました!長い曲面は片側ののりしろを先に全部貼り合わせるのではなくて両方ののりしろを少しずつ並行して貼っていくと作りやすいです。
真ん中部分が貼り合わせられたら、あとは淡々と作業をすすめるだけ。

201202f.jpg



さて、これはバームクーヘンの1/4を捻りながら3つ繋ぎ合わせた形になります。紙の制限で3つ分にしましたが、延々と繋ぎ合わせていくと面白いものができそうです。

螺旋状になったり…

201202h.jpg


尺取虫?

201202i.jpg


冬休み、ステイホームの無聊の慰めにいかがでしょうか。


Disposable Coffee Cup Lid コレクション

「はかなきものを愛する」シリーズ (あったか、そんなの?) 150508

150508x.png



コーヒーカップの「蓋」です。けっこう色々なデザインがあるものです。なぜか型で作られる大量生産のカタチに興味があって…「鯛焼き」や「マンホール」とかね。まあ、そちらはすでにコレクターがたくさんおられることでしょう。

とは言っても積極的に集めた訳ではありません。自然に溜まってきたものをUPしてみます。(原則として色や大きさの違いは区別しません。)

1.
B001.jpg

2.
B002.jpg

3.
B003.jpg

4.
B004.jpg

5.
B005.jpg

6.
B006.jpg

7.
B007.jpg

8.
B008.jpg

9.
B009.jpg

10.
001_20150508162643c84.jpg

11.
002.jpg

12.
003.jpg

13.
003b.jpg

14.
004.jpg

15.
005.jpg

16.
006.jpg

17.
007.jpg

18.
010.jpg

19.
011.jpg

20.
012.jpg

21.
013.jpg

22.
014.jpg

23.
015.jpg

24.
016.jpg



160405 追記

久々に未見の蓋を採集しました。

25.
160405a.jpg

14.と同類ですが、注意書きが英語表記になっています。

26.
160405b.jpg

ミルクポーションを保持するための凹みがあります。


161202 追記

新しく採取しました。

27.
161202a.jpg

22.の同類ですが、飲み口の蓋とホールドする凹みがありません。

28.
161202b.jpg

黒の5番目と似ていますが、上部の円形が切れているので別型です。


171019 追記

29.
171019a.jpg


181211 追記
30.
181211b.jpg


190214 追記
31.
190214a.jpg

マクドナルドでも採用されていた、この分割された三角形の意匠の意味は?
たぶん、これを押して凹ませることで中身の種類を特定するための指標でしょう。


190329 追記
32.
190329b.jpg

昨年の1月に採集したままUPし忘れていたもの。


190508 追記

33.
190508a.jpg

22.の亜種。細かいところが異なります。

34.
190508b.jpg

35.
190508c.jpg

29.の亜種。英語表記になっている他、刻印が多い。


201116 追記

36.
201115b.jpg

37.
201115c.jpg


Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ