Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン復旧 2

PCV-HS80BのHDD交換法など

今回壊れたPCV-HS80Bは、ほぼ8年前のパソコンですが、ネットでYouTubeも見られるし、DVDも焼けるし、で普段使いには全く問題ありません。8年前のパソコンでも現役で使えるというところがWindowsXPのすばらしいところだと思います。


今回、素人の手の施しようのない故障だったらどうしようかと思ったのですが、結局壊れたのはHDDだけだったので助かりました。

HDDは接続時のインターフェースが今はSATAという方式が主流です。このようなちょい古いパソコンではUltraATAという方式なのですが、大手量販店に行ってみたら、もう品揃えも少なく、値段もSATAより高めでした。そんなわけであまり選んでいられず、BUFFALOのHD-H160FB/Mを購入。12,800円なり。後からネットを見たら2,000円以上安くてがっかり。まあ、急いでいたので仕方ないのですが・・・。



前にも書きましたが、箱根細工のような設計のパソコンで、サイトにさえ分解方法が載っていません。次回のために?簡単に記録しておきます。

1.倒れ止めの底板をはずし、正面に向かって左横のカバーを後ろにスライドさせ、外す。

100826a.jpg



2.左横のカバーを外すには後ろ側の2箇所のロックをマイナスネジで持ち上げる。

100826b.jpg



3.次に上のカバーを後ろ側にスライドさせる。(ここにはロックはない。)
  その次に前のカバーを上に持ち上げて外す。このときには左右の2箇所のロックを外す。

100826c.jpg



4.上部のプラスネジを2本外す。

100826d.jpg



5.DVDドライブを前方向にスライドさせて外す。ケーブルを2箇所外す。

100826e.jpg



6.HDDを取り付けてあるフレームのネジを外す。これで漸く、HDDを取り外せる。

100826f.jpg




さて、今回なぜ、復旧に時間がかかってしまったのかというと換装した新しいHDDがなかなか認識されなかったからです。

何度リカバリディスクや作成しておいたTrue Imageのイメージファイルを書き込んでも起動しなかったのです。

ふと思いついてBIOS画面を確認するとmasterもslaveも”none”となっていました。さすがにこれはおかしいと。気がつかなかったのは、リカバリディスクなどを掛けているときには、ちゃんとCドライブもDドライブも認識し、それどころかパーティションの移動さえ設定できたからです。

ここでようやく、ジャンパーピンの設定が間違っていることに気がつきました。以前のHDDの設定がそうなっていたと思い込んで、master-slaveのmasterに設定していたのです。正しくはSingle設定のmasterでした。HDDは2台がデフォルトだという頭があったのですが、確かにこのパソコンは1台しか繋ぐところがありません。

ジャンパーピンの取り付け箇所はHDDによって異なるので注意が必要です。

100826g.jpg



HDDに貼り付けてあるシールではよく分からなかったのですが、あとからわざわざ説明してある説明書が1枚、取説とは別に入っているのに気づきました(-。-;)トホホ。こういう区別は前回は無かったと思います。HDDの機種によって異なってくるのかもしれません。

100826h.jpg



再度分解してジャンパーピンを外し、組み直したらちゃんと起動しました。(ちなみに、SATAのHDDにはジャンパーピンの設定などはないらしいです)

液晶がダメになりつつあるのですが、なんとか10年を目指します(笑)。










パソコン復旧 1

パソコンが1台逝っておしまいになられました。

ハードに使用していたわけではないのですが、この猛暑のせいでしょうか・・・知り合いの方も全く同じタイミングでノーパソが逝ったとか。皆様、お気を付け下さい。

復旧のため、この1週間ほどは結構不眠不休で過ごすはめになってしまいました。

結論から言うとHDDのクラッシュ。前回交換してから約3年半。その前も偶然3年少しで故障。HDDが消耗品であることを実感しました・・・ちょっと短いようには感じますが、これぐらいを目処に気をつけておけ、ってことでしょう。

一応、個人的な備忘録として経過なんぞを記しておきます。

まず、突然、起動画面で、『次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした :\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM 』のようなメッセージが出て立ち上がらなくなりました。

セーフモードも受け付けません。

これに関してはweb上にたくさんの情報があります。

まず出てくるのが、「WindowsXPのCD-ROMを挿入してパソコンを起動します。」という情報ですが、メーカーパソコンの場合、「リカバリディスク」しか付いていないので、この方法はとれません。

そこで以下の方法にトライしてみました。参考情報を記しておきます。



「レジストリの破損により Windows XP を起動できなくなった場合の回復方法」



「製品版パッケージの Windows XP のフロッピー ブート インストール用起動ディスクを作成する方法」




とは言え、7年前のパソコンでもすでにフロッピーディスクのソケットなどついていないわけでして・・・
以下のサイトに仮想フロッピーディスクドライブを作ってCDから起動する方法などが解説されています。
今回はこちらを参考にしてCDに焼き付けました。

起動用フロッピーディスクは6枚必要なのですが、CDを焼く場合も6枚に分ける必要がありました。


「すっきり!! デフラグ非公式ヘルプ」のページ




私の場合はそれでも起動しませんでした。いろいろあれこれやっているうちにどんどんデータが壊れていったのではないか、という気もします。自己責任で行ってください。

こういうトラブルが起こるということはHDDがかなり痛んでいるということだと思います。ちゃんと起動しても使い続けるのは問題があるでしょう。実際、今回取り外したHDDはusbで他のパソコンにつないでもフリーズばかり起こしてかなりヤバイ状態でした。

HDDは潔く諦めて中のデータをサルベージすることに注力した方がいいというのが今回の私の教訓です。


その後、発見したのが下記のサイト。「上記の起動法はダメ」って書いてあるじゃん!!



レジストリの修復 Windowsを使わずにやってみる



もちろん、こちらも自己責任で。


さて、今回、私の場合、HDDを外付けケースに入れて、他のパソコンにつないだだけで、ドライブD:のデータは簡単に吸い上げられました。しかし、ドライブC:には、そのままではアクセスもできない状態。そこで一応定評ある「ファイナルデータ」を購入してトライしたのですが、サルベージできたデータはボロボロで、結局、メールデータなど全て失うはめになりました。

ファイナルデータも何度がトライしてみたのですが、回数を重ねるたびにサルベージできるデータが減っていくようです。つまり最初からあまりヘンなことをせずにデータ回収を主目的にした方がいいだろうということです。特に、仕事用のメールなど重要なもので、データ復旧業者に頼んででも、というような場合は自分では何もしない方がいいかもしれません。



Life-X ブログとTwitterの間?

ソニーが「ライフログサービス」と銘打ってなかなか良いところを突いてきた。

Life-X


100611a.jpg


通常のブログとは違い、日付が連続して左から右に横スクロールするスタイル。(上記サイトの「Pick up!」から公開されているものを見ることができる。)

日にちの連続したコルクボード(デザインはいくつか変えられる)に写真やメモを貼り付けていくという感覚。
サイトのトップからは必要な情報が得られなかったので一応登録して少しいじってみた。


分かったこと。

写真はjpegのみ。ま、これはあまり問題ない。サイズは最大横1280ピクセル。これもまあ、十分だろう。
写真はジオタグに対応している。

残念なのは容量が今時500Mしかないこと。これで「ライフログ」を標榜するとは・・・人生短かすぎるやろ。

動画は貼り付けられないが、Youtubeへのリンクを張れるようだ。

その他、ウェブのブックマークを貼ったり、Twitter、mixi、はてな、Flicker他、主要なウェブサービスと連携が可能とのこと。メモの検索に対応してはいない模様。

やってみてどうしても出来なかったのが過去に遡って写真などを貼り付けること。今日はじめたら今日からの歴史となってしまうようだ。子供の記録など1ヶ月前からアップしたいという場合もあるだろうに。

やはりソニーだけあってブラビアなど自社製品との連携に重点を置いているのだが、なんだかそういう間口の狭さというか商売気がソニーらしい。そういうとこは後回しにして、もっと軽くサクサクと動くようにして、どーんと容量無制限とかね、すればこれは化ける可能性があると思う。

現状はデータベースとしてたぶん「Evernote」などと比べると実用性は低いと思う。ただ、弱点がはっきりしているので、そのあたりが改善されればおもしろくなりそう。



XP:Cドライブを一瞬で3G空ける

XPラブである。あと10年でも使うつもりだ。ハードがいかれるか、余程のことがない限り、OSを替えることはないだろう。
私のところでは10年前のXPマシンもあるが現役だ。DVDも見られれば、当時無かったyoutubeなどもも見られる。CPUも弱いし、メモリも最高で512MBしかないので、さすがにHD画質では厳しいが。

友人の話では10年前のMacだとyoutubeが見られなかったりするらしい。そう言う意味ではウチのマシンは優秀じゃないか。
欠点はUSBが1.0だということ。i.LINK(IEEE 1394)が付いているので外付けHDDはIEEE 1394対応のものを使えばいいが、USB経由のDVDやメモリなどの読み込みはやってられない。(USB1.0と2.0では転送速度が40倍ほど違うらしい)


さて、最近知ったCドライブを稼ぐ方法。これ、基本技だと思うんだけれど、恥ずかしながら今までやったことがなかった。


「マイコンピュータ」を右クリックして「プロパティ」→「システムの復元」と進む。

C:ドライブが選択されている状態で「設定」をクリック。


100415a.jpg



この「システムの復元」というのは障害があったときのために、所々でパソコンのシステムを自動的にバックアップする機能だ。
ところが、どーもXPの場合、この機能はあまり役に立たないのだ。自分で復元ポイントを作製した場合はまだしも、私の経験では、困ったときに自動で保存された復元ポイントに復元できた試しがない(笑)。

ところが驚いたことに、このあまり役に立たないバックアップのために、デフォルトでは12%ものディスク領域が当てられている。


100415b.jpg


ま、それほど役に立たないのならこの領域は削ってもいいだろう。
スライドバーを左へ移動させて縮小することができる。ここでは3%にしてみた。


100415c.jpg



実際には0%にしても200MBばかり残るので直近のシステム復元ポイントは作製されるとのことだが、1000MBほどあった方がよいという説も。


さて、私の場合、この表記によれば約6GB節約できることになる。実際にはCドライブを見ると空いたスペースは約3GBだった。最適化(デフラグ)をすればもう少し空くのかも知れないが。

OKを押して画面を閉じる。このとき、古い復元ポイントが削除されるのでしばらく時間がかかる。


参照:「システムの復元で使用するディスク領域を減らしてHDD容量確保


さてさて、簡単な作業でCドライブが3GBも空いたのは有り難い。

もちろん、実作業は自己責任でお願いします。いろいろと調べたり、バックアップしてから作業されるのがよろしいかと。



gooメール改悪!

長い間、そのシンプルさ、軽さが気に入って使っていた「gooメール」、3月末にリニューアルされてから全く使い物にならなくなってしまった。

それまで25Mという、今時どーなのというぐらいの容量の少なさにもかかわらず、けっこう利用者が多かったのではと思う。

それが今回、無料コースでも2Gになるということで結構期待していたのだが・・・


とにかくまず、激重になってしまった。
メールの件名を表示させるだけで「Loading...」と出るなんてはじめて見たぞ(笑)。

バグも多くて削除が効かなかったり、迷惑メールの振り分けもおかしくなったり・・・件名も差出人も書かれていないメールが迷惑フォルダにいかなくて普通に受信されてしまう。

おまけにデザインが悪くて、件名と差出人がくっついているわ、全表示されていないわ、新着メールがどこからかもさっぱり分からず・・・

さらにひどいのは過去のメールが閲覧専用になって、転送もできないこと。それも9月までに削除されるという。保存したいメールはテキストでコピペするしかないのか?なんかもー、あり得ない。


てなふうに落胆しているのは私だけではなく、検索すると多くの人が嘆いている。

まあ、今時、サイトのリニューアルでこれだけ失敗するのも珍しいのではないだろうか。事前チェックはどーなっていたのだろう。これでgooのサイトから利用者が急激に移動するかもしれない。

興味深いのは公式ブログの書き込みなどを見ると、皆、今まで長い間使わせてもらってきたことについて感謝の意を表しつつ、「さようなら」をつげていることだ。

私も全く同じ気分。今までありがとうございました、これからは他をさがします・・・。










Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。