fc2ブログ

Entries

『片づけられない女のための こんどこそ!片づける技術』

『片づけられない女のための こんどこそ!片づける技術』池田暁子


090629a.jpg




以前紹介した『必要なものがスグに!とり出せる整理術!』の作者の前作にあたるお片付け本。


この本で感心するのは、池田さん自身がほんとに「片づけられない女」であることを赤裸々にカミングアウトしているところ。
イラストで「汚部屋」の状況を事細かに説明しているのは、作者のゆるい絵でもインパクトがある(笑)。

しかし、読んでいくと作者がなにも単なるだらしない性格のために「片づけられない」のではないということが分かってくる。
むしろ、その逆だったのだ。作者は部屋を整理しようとして棚をたくさん買っていたことに気づく。改めて見直してみると棚の数は23本にのぼり、それらに掛けた費用はなんと34万円以上となっていたのだ。

しかしながら整理しようとするたびに、そのシステムから漏れる事項が多くなり、結局は破綻してしまっていたのだ。


これは非常に示唆的で、おそらく共感する人は多いのではないだろうか。
つまり、どうも、単に「怠け者」が「片づけられない人」になるということばかりではないということだ。整理しようという意欲があり、大量のモノや情報を完璧にコントロールできると信じている、あるいはそういう理想的な状態を夢見ている人がやがてシステム的に破綻する、という場合が少なくないのではないだろうか。

破綻の原因としては、

1.「システムが対処しきれないほどモノがあふれている」
2.「雑誌が多いのに文庫本用の本棚しかない、など、もともとシステムの設計が不完全。」
3.「とにかくシステムのルールがめんどくさい。」

などが考えられるだろう。

こういう場合、一旦手を抜くと、あとは雪崩のように「お片付け」が崩壊していくのは目に見えている。自分の理想と現実のギャップが見えれば見えるほど途方に暮れて手が出せなくなっていくのだ。


さてさて、作者はせっかく付き合い始めた彼氏にも逃げられてしまうほどの悲惨な状況(笑)から、意を決して脱出するための戦いを開始する。その方法については本書を読まれたい。



勉強になったのは台所の「見えないところにしまっても大丈夫な物」と「見えないところにしまったら使わなくなる物」の分類で、これについては仕事場の文具や書類などにも共通する法則がありそうだ。


「片づける技術」というタイトルではあるが、片づけには技術的なこともさりながら、やはり「捨てる」という意志をどう起動させるかという永遠の命題があり、本書はその部分でも大いに参考になるだろう。



図らずも私自身「お片付け」週間に入っており、古いビデオカテープを100本以上捨てたところだった。それでもまだ半分残っており、きっと2度と見ることはないだろう、という理性の声と、情報を残しておきたいという感情の狭間で悩んでいる。

デカいビデオテープは場所をとるので、まだそれでも捨てるというモチベーションは働きやすい。いずれ、テラバイト級のハードディスクなどにデータを残すようになれば、ある意味検索性にだけ注意すればデータを捨てるかどうかということは重要な問題ではなくなるのだが。もちろん、古いデータをハードディスクに変換するなどという手間をかけるつもりなどはないし・・・


ま、そんなわけで、作者に共感しながら読むことができた。マンガ形式の本のため、15分もあれば読めるのだが、その含むところは実に多いと思う。






『必要なものがスグに!とり出せる整理術!』

整理術の指南書は世の中に数多ある。

大きく分けるとビジネスやアイデアなどを考える場面において、主に「情報」を整理しようとするもの。そしてもう一つは、文字通り、部屋や身の回りをいかに整理整頓するかという類のものである。

この本は後者にあたるが、持ち物を物理的、機能的に整理することは、家庭における収納の場面だけでなく、仕事の机周りなどにも応用できると思う。


090602a.jpg



さて、この本はいわゆるカリスマ整理達人があーしなさい、こーしなさい、とご指導くださるという体裁ではない。そういうスタンスだと、どーせ、自分は達人のように細やかな神経はしてませんよ、とあきらめてしまうのがオチではないだろーか。


この本の作者「池田暁子」さんは自分が、いわゆる「汚部屋」出身のイラストレーターであることをカミングアウトしている。というか、前作『片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術』では、「汚部屋」からの脱出に奮闘する経緯をネタにしているのだ。

今回は整理の得意な編集者のたった2つの言いつけを守って部屋を整理していく過程を分かりやすくイラストで説明している。

作者は自分のダメっぷりも包み隠さず開示し、それがゆるゆるのイラストとも相まって、整理整頓の苦手な読者(つまり私ですが)の共感を誘う。ま、こんだけダメな池田さんがなんとかできたのなら、自分でもなんとかなるんじゃ、とその気にさせるのだ。作者の整理整頓の過程は順風満帆とはほど遠く、ときに何ヶ月も頓挫する。そういううまくいかないところも親近感を覚えさせる。


全体的に「マンガ」構成なのでさっくりと読める。要点はわずかに3つ4つしかなくて、密度が薄いように思えるかもしれないが、実際に整理整頓における重要な基本はほんのわずかのことなのだ。その部分をおろそかにして、派生する細かな手法に手を出していくから、結局は大元が崩れて整理整頓に挫折してしまうのではないだろうか。この本を読んで結構私自身も目から鱗というか、大いに反省するところがあった。
また、イラストでの展開はこういう整理整頓の具体的な説明に持ってこいであり、分かりやすい。


もちろん、ここでは要点に言及するわけにはいかないので、これまで何をしても部屋の整理ができないという方は読んでみる価値はあるだろう。私はこのあと、前作も読んでみるつもりだ。部屋の床面があまり見えない、という強者も前作から読んだ方がよいだろう(笑)。




システムノートの手法10(3)

3.貼り付ける

「システムノートの手法10(1)」で書いたように、備忘録のメモは処分してしまえばよいが、後から見返したいメモは保存しておく必要がある。「2.切り取る」でカットすることにこだわったのはこの為だ。

そのままではバラバラになりやすいので、母艦であるノートに貼り付けておこう。

手近な糊類を集めてみた。

090317l.jpg

ここでは外出先でも扱い易いものを選んだ。チューブ入りの液体糊などは乾くまで時間もかかるし、メモなどもふやけてしまうので扱いにくい。

右から

「TOMBOW シワなしPiT」
スティックタイプの糊だが紙がシワになりにくいという利点がある。通常のものよりやや硬い感じで、最初にしっかり塗らないと付きにくい。一旦付けば強力に接着する。

「Scotch はってはがせるスティックのり」
若干柔らかめ。塗ってすぐに貼り付けるとしっかり付くが、剥がしたときに台紙側に糊移りする。少し乾かしてから貼れば、糊移りは改善するが、接着力は弱くなる。外出先では乾かしてから貼るのは手間だ。

「KOKUYO ドットライナー(DOTLINER mini)」(上/しっかり貼る 下/貼ってはがせる)
出先などで一番使いやすい糊はこれではないだろうか。剥がせるタイプは「Scotch はってはがせるスティックのり」と同じで時間を置かないと糊移りがある。

「ニチバン 両面テープ ナイスタック」
紙ケースに金属刃が付いているのでハサミなどは必要ない。使ったことはないが、貼ってはがせるタイプもある。ちなみにテープ部分に5mmほどの間隔でスリットが入っている両面テープもあるが、使ってみたらバラバラになってあちこちにくっついたりであまり使い勝手がよくなかった。両面テープは外出先では剥離紙のゴミが出るのが欠点だ。

「TOMBOW AQUAPiT ボールペン型のり」
トンボ鉛筆の新製品。液体糊がボールペン型の本体に入っている。使ってみた感じでは、液体なので乾くまでやや時間がかかること、紙にペンの跡が付くこと、紙がふやけるというような短所があるかと思う。一旦乾けば、きちんと接着する。また、小さな紙片をピンポイントで付けるのにはよいが、当然ながら、ベタで大きなものを貼り付けるのには全く不向きだ。かさばらないのでペンケースにまとめたいという人にはよいかもしれない。


マスキングテープを使う方法もある。

090317m.jpg


マスキングテープは手書き図面を描いていた人にとっては散々お世話になったアイテムだろう。手でちぎることができ、貼ったり剥がしたりしても紙を傷めにくい。(紙質によっては注意が必要。)最近では色数も増え、模様もドットやらストライプやら様々なものが登場し、なかなか楽しい。

マスキングテープ「mt」

ちなみに、製図用の正統品は「ドラフティングテープ」といい、マスキングテープが和紙を使っているのに対し、シワ加工の施された特殊な紙を使っている。どちらも貼ったり剥がしたりできるが、年単位で放っておくと糊が滲んできたり(いわゆる「沸く」という現象)、剥がせなくなったりすることがある。

資料やメモをA4の裏紙に貼った例。大切なことはメモを書く段階でも貼り付ける段階でも、「タイムスタンプ」を打っておくことを忘れないことだ。

090317n.jpg


最初からメモに「のり」が付いていれば面倒はないんだけど、と当然ながら「ポストイット」系のメモも候補に挙がるだろう。ただ、一般的にアイデアを書き留める目的としてはポストイットなどは大きさ的に不十分なものが多い。また、強粘着タイプでないものはカールしたりしてぽろっと剥がれ落ちることもあるので注意が必要だ。

ある程度の大きさのあるものを集めてみた。

090317o.jpg


左下はKOKUYOの全面粘着のもの。(50x74mm)

ポストイットの類は枚数を減らして手帳などに挟んで使うという方法が一般的だろう。専用のケースを検討しようとしても選択肢は多くないと思う。ペンを取り付けるのも難しいし、構造上、基本的に1枚ずつ剥がしながら記入するという使用法に限定されてくると思う。

小型のものをメモとして使ってみた経験では、記入する枚数が増えると、剥がさないと書きにくいし、剥がしたら剥がしたで、それらを貼り付ける場所が欲しくなる。結局、一旦剥がしたものをまた付箋紙にくっつけ直したりすることになる(笑)。

つまり、メモとして使う場合は、単独で持ち歩くより、手帳やノートなどの母艦と一緒にセットして使うというのが良さそうだ。


このようにして、母艦にはメモのみならず、資料でも映画の半券でも、出先で手に入れた絵はがきでも何でも気になるものを思いつくままに貼っていこう。

溜まっていく資料は単なるメモの集積を越えて、日々のアイデアストックであり、あるいは日記代わりであったり、思い出の一片であったりする。大仰に言えば、それは「自分の視点のスクラップブッキング」であり、「人生のログ取り」であるとも言えるだろう。



システムノートの手法10(1)

「メモ術」について

前回のエントリの「手帳オフ会」のテーマだった「メモ術」について書いてみたい。



メモの内容

「メモ」とは基本的に思いついたり、気がついたりしたときに忘れないように記録しておくものだろう。しかし一口に「メモ」と言ってもその内容によって2種類に分けられると思う。


ひとつは自分の仕事や関心事項に関する「アイデア出し」に相当するものだ。

私の場合は絵や図を描くことが多いので、デスクトップでは、A4サイズの紙を使うことが多い。これは裏紙でもそれこそチラシの裏でも何でもいい。多くはA4のコピー用紙を使うが、これはおそらく面積当たりの単価では今、最も安く入手できる紙ではないだろうか。「安さ」が自慢の「100円ノート術」よりはるかに安いと思う(笑)。

もちろん、デスクワーク以外の場面では、浮かんだアイデアを手持ちのメモ帳やその場で手に入る紙切れに書くという場合もある。

これらに共通することは、後から利用するために、取りあえず「保存しておく必要のあるメモ」であるということだ。
A4なら2穴パンチで穴を開けてファイルに綴じればいい。メモ帳などの不定形サイズのものはA4ノートの白紙に糊付けしてスクラップすればよい。これに関しては次回に詳述する。


もう一つのメモの種類は、「保存する必要のない一過性のもの」で、いわゆる「備忘録」と称する類のものだ。
一般的な「買い物リスト」や「TO-DOリスト」などが典型的な例だろう。買い物リストなどは、いつまでも覚えておく必要のない、いわば重要度の低い情報だが、だからこそ余計になかなか記憶にとどめにくいものなのだ。


例えば仕事をしていて、ホッチキスの針が残り少ないとか、水性ボールペンのリフィルが切れかけているとか、ガムテープがないとか気がつくことがある。これは主婦の方には大いに経験のあることだと思うが、このように食品や生活用品で足りなくなったものは、気がついたそのときに、その都度メモに加えていかないと、いざスーパーなどの店先で全部思い出そうとしても難しいはずだ。
私の住んでいるところはやや不便なので、先の日用品や薬の類など、不足分がある程度まとまってから車でホームセンターやドラッグストアに赴くのだが、メモがないと買い忘れが出ることがしょっちゅうだ。まあ、買い出しのチャンスは1回だけではないわけだから重要度は高くないとはいえ、その時、「現場での必要度が高い」情報だと言えるだろう。


このように「リスト」というものはある一時点で必要なものを全部思い出そうとしてもなかなか思い出せないものなのだ。(この経験から私はGTDの「しなければならないことを時間をかけて全部書き出す」というやり方に疑問を持っている。もちろん、それらはストレスを軽減するための心理療法としては効果があるだろうが、効率的な「仕事術」なのか?と思う。)


必要なもの、やらなければならないことなどは、気がついたときにその都度メモに取るのがよい。そのために重要なことは、必死に思い出すことではなく、気がついたときにメモが取れるように「いつでもメモ用紙とペンにアクセスできる」ことだ。


私の場合、家にいるときにはキッチンのカウンターに1冊のメモ帳とペンのセットを置いてある。そこは距離的に家のほぼ中心で、まあ、「狭いながらも」な我が家であるから、1ヶ所にあれば十分なのである。いや、むしろ、野口氏の「ポケット一つの原則」に鑑みて、家庭用のメモ帳は1ヶ所に限定する方がよいだろう。(アイデアを煮詰めていて眠れなくなることはあるので、枕元にメモを置くというのは有りだと思うが、風呂場やトイレにまで持ち込むのはどーなの?)

090314a.jpg


大事なことは「定物定位」の原則で、そのメモセットを他の場所に移動させないことである。でないと必ず書こうとしたときに紙やペンを探し回るような事態に陥ることになる。フックか何かにひもで括り付けて移動できないようにしておくのも手だ。(この方法は仕事の場面でも有効で、机のどこかに紐でメモセットを括り付けておくと必要なときに探し回らずに済む。)


例えば生活用品で足りないものなどはある程度、分量がまとまるまで、気がつく度に、決まったページに追記していく。いよいよストアに購入しに行くという段になれば、そのページをちぎって持って行けばいい。
このように情報の利用を考えると「切り取りやすい」ということも重要なので、このメモは普通の綴じノートではない方がいい。そして一過性のメモは役目が終わったら捨て去ることが必要だ。いつも持ち歩いている綴じ手帳などに書かれたこの手のメモは用件が済み次第、線を引くなりして消去しておく必要がある。


話は逸れるが、家庭用のメモ欄として、「ホワイトボード」を使っている人も多いだろう。

ホワイトボードの場合、まず家族の目に付きやすいという点がよい。「見える化」されることにより常に皆の意識に残るということもあろう。
ただし、買い物リストなどの場合は、デジカメや携帯で撮って情報を持ち出す必要がある。また、例えば食品や薬や文具などというようにジャンルごとにページを変えたりすることができないという点もホワイトボードの弱点かもしれない。なのであまり小さなものはお勧めできない。

我が家で採用しているものは、大きな「プレゼン用のスチールボード」である。ROCADAというメーカーのもので伊東屋で見て衝動買いしてしまった。

090314b.jpg


A1の紙を上部で挟めるようになっているが、スチール製なのでもっぱらカレンダーやメモを取り付けるマグネットボードとして使用している。はっきり言って邪魔なのでお勧めはしない(笑)。
一般家庭ではもっぱら「冷蔵庫」が請け負っている役目を拡大したものだと言えるだろう。実際、大きなホワイトボードを壁に掛けて、メモ用紙のマグネットボードとして使用すれば、先の情報の持ち出しなどの問題は解決する。こういうボードはたいてい下部にペン置きなどもあるので筆記具の紛失なども軽減されるだろう。

例えばこのホワイトボードは盤面が900x1200mmで価格は2万円弱である。職場ではなく家庭にこういうフリースペースがあると存外に楽しいものなのだ。

090314c.jpg


さて、家では一組の「定物定位」されたメモセットが有効だが、出先ではそうはいかない。そこで必ずポケットにメモ帳とペン類をセットで持ち歩こう。「手帳」の携帯性について云々されることは多いが、実際問題、「携帯性」という要素が一番重要なのは「メモ帳」だと思う。次回、メモ帳の条件などについて書きたい。





ブックマークを見直す方法

しばらくぶりにブログをアップ。
パソコンの調子が悪くなり久々に大変な目にあった。

もともとはほんの些細な現象だった。IEで某サイトの画像の拡大表示がされなくなったのだ。左下に三角マークが出て「エラーが発生しました」などと出る。入れたばかりのSleipnirもダメになった。JAVAスクリプトが実行できなくなってしまったようだ。

いろいろ検索してみると同様の現象に遭遇している人もたくさんいた。しかしながら、見つけた対策法のどれを試しても解決しない。

IEのコンポーネントを再インストールしてもダメ。

しかたなく再セットアップをかけることにした。リカバリディスクをかけてCドライブを修復しようとしたが、これがうまくいかない。XP画面でフリーズして次に進まない。3度ぐらい試したがダメ。電源の長押しで切って、再起動させると一見元に戻ったように見えたが、IEは検索も受け付けないほど壊れてしまっていた。

そこで今度はCドライブを事前にフォーマットしてからクリーンインストールすることにした。もちろんこれまで構築してきた環境はすっかり初期設定に戻ってしまうわけだが。さすがにこれならうまくいくだろ、と思ったのだが・・・

今度はなんと音が全く出ない。パソコン付属のディスクでドライバも当てているにもかかわらず、だ。タスクマネージャーからドライバを更新してもダメ。さんざん探し回って結局メーカーのサイトで検索し、目星をつけたサウンドドライバをインストールしてみたらやっと元に戻った。

愚痴々々書いてみたが、おかけで何日も涙目ですよ、とほほ。

ま、たまには真っさらな状態に戻すのも悪いわけではないのだが・・・いろいろ染みついた垢を落とすつもりで、いらないソフトなどを見直してパソコンの状態を新たに構築するというのは、それはそれですっきりする。(もちろんメールなどのデータをすべてバックアップしていてこそだが。)



さて、ことの次いでにブラウザの「お気に入り(ブックマーク)」を見直してみた。

実は今まで引き継いできた「お気に入り」にはあまり何も考えず(もちろんジャンルごとにフォルダなど作ったりしながら)なんでもかんでも放り込んでいたため、膨大な量が溜まっていたのだ。ざっと数えてみると3,000を超えていたので我ながら驚いた。

実際には日常的によく使うものは上の方にフォルダを作ってそこで運用し、残りは別のフォルダに折り畳んで、必要なときには検索を掛ければいいので、まあ、あまり困ることもなかったのだが。ただ、うっかりフォルダを開きすぎたり、下の方のものを上に移動させたりするときには面倒になる。気のせいか、ブラウザの立ち上がりも遅くなるような気がするし。


そこで一挙にブックマークをすっきりさせる方法を考えてみた。

まず、ブラウザに大量のお気に入りがある場合、一旦それらをhtml(htm)ファイルとしてデスクトップなどにエクスポートするのだ。

IEの場合は、

ファイル→インポートおよびエクスポート→『インポート/エクスポート ウィザードの開始』→お気に入りのエクスポート→Favorites→「ファイルまたはアドレスにエクスポートする」でデスクトップなどを指定→完了

Firefoxの場合

ブックマーク→ブックマークの管理→インポートとバックアップ→HTMLとしてエクスポート

で、既定のブラウザのアイコンがついたファイルがエクスポートされる。

後は「お気に入りの整理」などから思い切って全てのお気に入りを削除してしまうのである。これは新しいブラウザを試す場合にも使える。以前のブラウザのお気に入りをインポートしないで、真っさらな状態で使いはじめるのだ。

で、デスクトップなどにエクスポートしたファイルをクリックすると、ブラウザが立ち上がり、これまでのブックマークが青くハイパーリンクされた、いわば自分オリジナルのリンク集として開かれるのである。

しかもこのページは再度「お気に入り」に登録することができるので、膨大なブックマークであってもたった1行のお気に入りとして表示することができる。

090212.jpg
右側のカラムの下には3,000以上のリンクが並んでいるのだが(笑)、再登録すれば1行だけで済む。


これは言わば、最近の流行とは逆に「見えない化」とでも言えばいいのだろうか。

こうしておけば、過去のブックマークを捨て去ることなく、さりとて大量の情報に煩わされることなく、新規にブックマークを再構築していくことができる。必要なサイトかどうか、もう一度よく吟味しながら再度「お気に入り」に登録しなおしていけばいいのだ。

このリンク集のページはフォルダが全て開かれて表示されるので、それこそ「見える化」された状態といえる。ファビコンは付かないが、ある意味サイドバーに格納されているよりも見やすくなるので、自分の情報資産を見直してみるのにはいいだろう。

また、大量のブックマークの一覧は、行の移動もできなければ、フォルダに畳むこともできず、逆にそれはある意味「適切な不便さ」となって無駄なネットサーフィンを避けることにもつながるかと思う。

また、Googleツールバーを使えばページ内検索をすることができるので、この一覧表示されたリンク集のページからキーワード検索することも可能だ。

ブックマークファイルの置き場はどこでもいいが、再登録したあとで移動させると表示されなくなるのでご注意を。





Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ