Entries

本:『造形工作アイデアノート』

『造形工作アイデアノート』 パンタグラフ著


120323a.jpg




「オトナのための工作本」という副題があるように、工作好きな大人のためにいろいろな工作のヒントを解説した本。

プラモデルではなく、プラスチックや木、樹脂粘土などを使って、オリジナルな造形を楽しむためのヒントが満載。

著者の「パンタグラフ」は井上仁行氏と吉竹伸介氏による造形ユニット。その作品は雑誌や広告でお目にかかったことがある筈。ちょっとヒネッた造形のセンスから、完成度、写真撮影に至るまですばらしいの一言。


「PANTOGRAPH」



構成は入門編と実践編に分かれ、最初はスタイロフォームをカッターで削るような基本の基から解説してある。

とは言え、入門編でもすぐに「パソコンで図面作成」などとあっさりCADを使っていたり、作例は単純な形のものばかりなのだが、「スタイロカッター」や「卓上糸ノコ盤」などある程度の工作機械も必然的に登場する。なので、入門編からしてそれなりに敷居は高い。

作者達が造形のプロなので、普段楽しむことを目的にのんびりと造形をしていられない、ということがあるのだろう。この辺り、もう少し、手作業だけで楽しめるような解説があってもよかった。

実践編はこれまでのパンタグラフの作例を中心に造形方法を解説している。

とにかく私は初心者への入門書というよりプロの技や仕事場を惜しみなく見せてくれている点が興味深かった。

こういう本を見ると強烈に造形心が刺激されるのだが、狭い家の中でスプレー塗装をどーしようか、汚したらどうしよう、というような現実を直視すると途端にしおれてしまう。

家の中で樹脂を削って粉だらけにしたら、奥さんに張り倒されるという御仁も多い筈(笑)。ましてや塗装なんて。

つまり、造形とは基本的に「汚れ」との戦いなので、素人こそ、そこら辺を基本とした戦略を考える必要があるわね。趣味としての「室内造形」というのはおもしろいテーマではあるのだけれど。




ショットノートとEvernoteで名刺管理ができないかと思ったが…

Evernote、まだ大して使っていないのであんまりよく分かっていないのだけど。

アップした画像やPDFのOCR日本語認識ができるというので、だったら名刺管理に使えないかと。

OCRは斜めだと認識しにくいとかいう記事を読んで、あれ、パースの補正が得意で、Evernoteに送れるヤツあったなと、またまた「ショットノート」を思い出した次第。

で、こんなカードを作ってみた。

110222a.jpg

名刺スキャンベース。

名刺の2枚分のサイズなので、折って名刺入れに入れておく。
その場で頂いた名刺を乗せてショットノートで撮れる。

110222b.jpg


ここまではうまく行ったのだけど…

いくつか試してみたけれど、クラウドのEvernoteのOCRが全然ダメだった。大きなテキストも何故かほとんど認識してくれない。
不思議なのはiphoneとブラウザ経由のOCRはダメだったが、同じEvernoteでも、ローカルにダウンロードしたアプリのEvernoteでは、結構認識してくれたということ。

クラウドにあるOCRソフトは非力だが、パソコンでは別のOCRソフトが働いているってことなのか?

現状ではiphoneの高い名刺管理ソフトには全く敵わない。ただ、やや面倒だが、撮る度にタイトルに相手の名前や会社名を入れればそこそこ使えるかもしれない。


「消せる紙」でホワイトボードを携帯してみる

丸めて運べるような軽量のホワイトボードはいくつかの会社から出ている。タイプも様々だ。

・定番のマグネットシートになっているもの。
ホワイトボード・シートラベル


・ポストイットタイプ
3M ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード


・静電気で壁に貼りつくもの。
コーワ ライティングシート


これらはいずれもちとお高い(笑)

で、2,3年前からもっともリーズナブルな価格で発売されているものと言えば、欧文印刷株式会社の「消せる紙」だろう。

この紙は文字通り「紙」製で、磁力や粘着力もないが、軽くて持ち運びに便利。場所を問わず使えてコストパフォーマンスが高い。
問題があるとすれば、A1サイズのものを丸めて運ぶとカールぐせがつくことか。使用してみた限りでは押しピンや磁石で押さえられないほどではなかった。
あと、耐久性に関しては、まだ多用していないので個人的には分かっていない。


で、試しにこれを運ぶためのボードを自作してみた。

用意するものは、A3サイズの紙フォルダーだ。手頃なものを百均で調達した。

110113a.jpg

レバー式の「Zファイル」でもいいだろう。


あと、どこかで貰った紙袋についていたプラスチックのハンドルを外して利用。

110113b.jpg



取っ手を取り付けるフォルダーの位置を決め、白い色鉛筆などで当たりをつける。今回は「ピンバイス」を使用して穴を開けた。

110113c.jpg

フォルダーのPP板は手回しドリルでも簡単に穴が開く。一番簡単なのは「ポンチ」だろう。今回のハンドル用の下穴は3~4mmぐらい。2穴パンチなどの穴は6mmなのでちょっと大きい。百均でもポンチは入手できるだろうから、何種類か揃えておくと便利。



取っ手を取り付ける。

110113d.jpg



ここに4つ折りした「消せる紙」をセット。A2のホワイトボードとして立てて見ることができる。

110113e.jpg



適当なポーチにホワイトボード用のマーカーやイレーサー、A1として壁に貼る場合のために、磁石、マスキングテープなどを入れておく。

110113f.jpg



ハンドルに引っかけて運べば、ポータブルホワイトボードセットの完成。

110113g.jpg


今回は、思い切って4つ折りしたので、折り目が問題になるかもしれない。使用しているうちに折り目にマーカーが染みこんで消せなくなるとか、破れやすくなるかもしれない。案外気にならないかもしれない。このあたりは、使ってみてから検討ということで。






ピラニア鋸

夏になると近所の野菜直売所でカボチャが丸ごと売られる。安かったので試しに買ってみたが、さすがに丸のままというわけにはいかないので、切ることにした。

ところがこれがまるで岩のよう。なんとか頑張って包丁で捌いたら、「モリブデンバナジウム鋼」と書かれた包丁が刃こぼれしてボロボロになってしまった。なんという硬さ!カボチャ恐るべし!

包丁の刃が欠けると、もう大変。仕方なく安物の砥石で磨ぎ上げたのだが、元に戻すのに小一時間もかかってしまった。

さて、そこで思い出したのが、「ピラニア鋸」。
以前、「鋸」のエントリで言及した工具である。


料理用に使えるのではと、近所のホームセンターで新規に購入してみた。


100816a.jpg

パッケージに凶暴そうなピラニアの絵が。


100816b.jpg

刃もなんとも強烈。


100816c.jpg

パッケージ裏を見ると、「骨、冷凍食品、野菜芯」などは「BEST」で「押し引き両挽き」で切れるとのこと。(その上の「ゴーシ、ゴーシとゆっくり。」がかわいい(笑))


ちなみにこの製品は背の部分に替え刃が隠されている。

100816d.jpg


これを入れ替えるのは曲がりやすいので超大変なのだけれど、一応その説明も載せておく。

100816e.jpg




で、カボチャとの対決は・・・・

100816f.jpg

見事、カボチャ瞬殺!!

100816g.jpg

流石ですわ。羊羹を切るがごとくあっさりと切断することができた。(背部分の厚みで止まってしまうけれど)


というわけで、これは使える!と思ったら、後から大きな欠点が発覚。


残念ながら、「錆びる」のだ。洗ったあと乾くまで放っておくと2,3時間で錆びが発生する。

洗ったあと、すぐに拭いて、オリーブオイルなどを塗っておく必要がある。背の部分は水が溜まりやすいので替え刃は絶望かも・・・いずれにせよ、料理に使う場合は、こまめな手入れが必要のようだ。






ダイロンを試す

服の色はネイビーブルーが好きなのですが、耐候性がよくないようでよく色あせてしまいます。

綿100%のシャツ(先日、連邦破産法の適用を申請したEddie Bauer製。といってもエディー・バウアー・ジャパンは独立しているので営業は継続とのこと。)とポリエステル70%、綿30%混紡のポロシャツ(FoxFireというブラウザのような名前のブランド)。

090715a.jpg

090715b.jpg



どちらも生地は全く痛んでいないのに色が抜けています。処分しようかと思ったのですが、以前から気になっていた「ダイロン」を試してみることにしました。

お湯で染めるタイプの「ダイロンマルチカラー」です。

090715c.jpg


説明書によると・・・

【染まるもの ナイロン、レーヨン、綿、麻、絹、ウールなど

染まらないもの アクリル系、ポリエステル系繊維

一缶でTシャツ約2枚分。】

とのこと。

実に間抜けな話ですが、ポロシャツがポリエステル製だったということは、作業した後に気がつきました(汗)。


まずは熱湯500ccで染料を溶かします。粉が飛ぶので本当は新聞などをひいた方がいいようです。


090715d.jpg



その後、別の大きな容器に熱湯を入れ、塩15gとともに溶かした染料を入れ、よく混ぜます。
このときの熱湯の温度や量はなぜか書かれていません。20分混ぜないといけないので60℃位のお湯を使いました。
量はお湯が多くなるとネイビーのような濃い色は染まりにくいということなので服が浸かるギリギリの量にしました。


20分よく混ぜます。ちょいと面倒。


090715e.jpg



ウギャー、手袋が破れていて、指まで染まりました(笑)。(1日で抜けましたが)

090715f.jpg



その後、20分浸け置いて、念のため「色止め剤」で処理しました。姉妹品の「カラーストップ」というのがあるようですが、手に入らなかったので、同じ棚に並んでいた「ミカノール」という製品を使用。


結果。

どちらもほとんど心配していたムラもなく染まりました。


090715g.jpg


綿はしっかり染まり、非常に色合いが綺麗です。



090715h.jpg


ポロシャツはやはりポリエステルが多いのでややぼやけた色になりましたが、処理前に比べるとはるかにマシです。これですでに一度洗濯をしてありますが、色止め剤をつかったためか、洗濯時に色落ちがすることはありませんでした。

今回、お風呂場で染めましたが、作業後にしっかりと流しておかないと跳ねたしずくなどの跡がシミになってしまいます。

素人の家庭染色などムラになってダメだろうと思っていたのですが、結構まともに仕上がったので感心しました。






Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ