fc2ブログ

Entries

公園遊具4

公園遊具を意識するようになってから、次々と目につくようになりました。

今回はコンクリートの築山タイプ。


240222c.jpg


高さ2mは無いかな。おわん型。

トンネルは直径が60㎝ほど。大人だと完全に腹ばいにならないと入れなさそう。閉所恐怖症には無理です。
トンネルの出口にはカバーのフェンスがあり、上から勢いよく降りた子とぶつからないようになっています。


240222d.jpg


この2本のレールには何かうまい遊び方があるのかな?

240222e.jpg


この階段はやや「すなお」すぎるような気も。小さい子が滑り台にアクセスしやすいようにとの配慮かもしれません。

240222f.jpg


真上から。
さて、よく見ると、滑り台と他の部分の材質が違いますね。滑り台やトンネルはやや滑らかな材質、山の表面は摩擦度のある材質になっているようです。
ちょっと見ただけで様々なノウハウがあって気を使って作られていることが分かります。


240222g.jpg




サイエンスアゴラ2019

先月、『サイエンスアゴラ2019』のイベントに伺いました。遅ればせながら記録しておきます。

すでに14回目になる科学イベントです。不勉強にして存じ上げなかったので、最終日に伺ったため、色々とお伝えし損ないました。

『サイエンスアゴラ』



191220a.jpg



ポスターは2019のキービジュアル、「Saya


Sayaは「不気味の谷」を超えたとも言われる女子高生の「Virtural Human 」です。カメラを通じて来場者とコミュニケーションできるプロジェクトでした。


191220b.jpg

イベントは無料で、入場者は電子タグをつけ、後から回ったブースなどのログを見ることができます。


191220c.jpg


テレコムセンターの4層を占める円形フロアに100を超えるブースが出店され、様々な科学分野におけるセッションが開催されていました。たくさんの子供たちで賑わっていましたが、まだまだ認知度の高くないイベントではないでしょうか。夏休みだったら自由研究などとの絡みでより多くの集客があったのでは、と思います。とにかくものすごいスケールで、科学好きな方なら大人も子供も1日中楽しめることは請け合いです。

「あなたにもフィットする!?スマホ世代の放射線教材」(量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所)

子供のころから実物を見てみたいと思っていた「霧箱」を初めて目にしました。放射線の軌跡が霧になって可視化されます。






「考える力を育む!パズル広場で体感しよう」(アソビディア)

191220d.jpg

単純ながらも奥深い数学パズルの数々が楽しめました。


「図形と空間の不思議 敷き詰め模様で遊ぼう!」(日本テセレーションデザイン協会)

191220e.jpg

敷き詰め模様のパズルやカレイドサイクルのワークショップを楽しめました。(遊んでいて写真を撮るのをすっかり忘れていました(;^_^A )


代わりに許可を得て、テセレーション協会のリーフレットを掲載させていただきます。(最後に自分の作品も載せていただいています。)クリックで拡大します。

191220f.jpg


191220g.jpg


191220h.jpg


191220i.jpg


191220j.jpg


191220k.jpg



来年は見逃さないように要チェックしましょう!









図鑑が好きなのだ18

久々に即買いした図鑑です。

『小学館の図鑑 NEO イモムシとケムシ』 小学館



180818a.jpg


新しい図鑑として定評のある、NEOのシリーズ。

表紙の帯にはドラえもんなどがいて実に子供向けの図鑑のようなのですが…



180818b.jpg


中身はというと、そんな甘いところは微塵もありません!

なんというデータ量!イモムシと成虫の写真がずらっと網羅されていて圧巻です。
「3歳から高学年まで」という謳い文句ですが、どうしてどうして、この内容では専門家でも舌を巻くのではないでしょうか。

(ただ、前回取り上げた「ムラサキシャチホコ」の記述が少ないのが残念(笑))


DVDもついて、このボリュームで2000円(税抜き)!これは買いでしょう。

「蟲愛づる姫君」であってもそうでなくてもおすすめの1冊です。







あそびじゅつ

これは、いいタイトルですね。

大きなリーフレットを頂きました。


110709a.jpg


多摩美術大学 生涯学習センターが主催する小中学生向けの夏休みワークショップのようです。

知ったのが遅かったので既に申し込みが終わっているものもありますが…

少子化の時代、大学もこども時代からファンを獲得しないといけないという側面もあるでしょうが、私としては美術系のオープンなワークショップは、どしどし開催してほしいと思います。

しかし、対象が小1~小6とか、幅広い年代をまとめるのも大変でしょうね。こういう催しにより、現場にもノウハウが溜まっていくのだと思います。


多摩美術大学 生涯学習センター






最も理路整然とした解説

大前氏による現状と将来の展望に関する解説。

視野の広さ、判断の確かさ、理路整然としさ分かりやすさなど他に類を見ないと思います。
長いですが、必見。


地震発生から1週間 福島原発事故の現状と今後(大前研一ライブ579)








Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ