Entries

株式会社「奇譚クラブ」のネイチャーテクニカラーシリーズ

先日、今使っているトップ絵とよく似たモチーフのTシャツを発見しました。
とてもよくできていて欲しかったんですが、お高い。

(もちろん、私が真似したのではありませんです。これは丁度2年前に描いたものです。「妄想お絵描き2」)


どーやら自分がカエル好きらしい、と気がついた昨今。そういえば身の回りにカエルさんがいくつか…それらはまた追々紹介しましょう。


さて、あらためて「デザインフェスタ」で「カエル」を画像検索するといろいろと出てくるわけですけど。

その中でも超絶リアルでありながら少しデフォルメも加えて、オリジナルなアートの域にまで達している商品があります。


カエルの森工房」の作品群です。


会場でこのブースの前を通りかかる度、足を止めて見入ってしまいます。リアルでありながらユーモラス。焼成した粘土に細かい手塗り仕上げ。抜群の出来なのですが…私には手が出ないお値段(泣)。




で、先日、某モールを歩いていてふと並べられた「ガチャ」に目をやると…飛び込んできたのが「ヤドクガエル」という文字。あまりショッピングする場所では見かけない字面ですな。

そんなわけで試しにやってみたわけですよ。こども相手のガチャをいい年したオッサンが回すというのはもーれつに抵抗がありましたが…。300円なり。

それで出てきたのがこれ。


110522a.jpg


ちょっと凄くないですか?これ。

3cmほどの塩ビのフィギュアですが、その彩色の凄いこと。もちろん、中国製です。この彩色、カエルの森工房さんにも負けてません。お尻に強力な磁石が仕込まれていて壁のマグネットになります。

監修:豊平両生爬虫類研究所、販売元 株式会社 奇譚クラブ 

奇譚クラブ!? なんつー名前なん?しかも株式会社だし(笑) 就活したいわ~。しかも、このガチャ、「対象年齢14歳以上」となっているところに本気を感じます(笑)


株式会社 奇譚クラブ


名前のおどろおどろしさとは裏腹にめちゃくちゃまじめな物作り。
上記サイトの「ネイチャーテクニカラー」シリーズをご覧下さい。

クラゲにトカゲにキノコ… あ、あかん、完全にワタシめのツボです。

ネット上ではコンプリートしたりして盛んに取引されているようですね。ワタシ個人としてはほとんどコレクター属性(資金とも言う)がないのでどうしても集めたいということではないのですが。


ま、そんなわけでhoririumは、廉価な製品ながらも作り手の心意気が見える株式会社 奇譚クラブさんを影ながら応援したいと思います。











バンダイ 『VooV(ブーブ)』

変身するビークルの玩具。

トランスフォーマー系かと思ったら、「自動車から自動車」あるいは「電車から電車」というパターンだった。単純だけれど、なかなかよくできてますな。








「VooV(ブーブ)」(バンダイ)


100316a.jpg





おそらく、このパターンは過去の変身玩具ブームのときにひな形が存在していたのだろうと思う。でも、当時は「車から車じゃ、おもしろくないだろ!」ってことだったんだよね。某かの「ロボット」を入れる必要があった。バンダイのことだから、このシリーズに「物語性」を組み込んでくるのだろうか。






ブリキのロボットと「モーションディスプレー」


昭和30年代には300件ものブリキのおもちゃをつくる町工場があったそうです。それが今や、職人さんも数が減って10人に満たないとか。

このままブリキ玩具製作の技術は途絶えてしまうのでしょうか。衰退の原因のひとつがSTマーク(玩具の安全基準)で、ブリキで手を切りやすいということで敬遠された、というのも皮肉な話です。


そんな数少ない職人のお一人が、宮澤真治さん。1972年より、ブリキのおもちゃの設計・製作にたずさわり、これまで数多くのブリキのおもちゃを世に送り出してこられました。現在は、埼玉県の春日部(かすかべ)市に、「ロボットアートスタジオ」を設立し、精力的に活動されています。


ロボットアートスタジオ


メタルハウス(ご兄弟の会社)



「写真集 おもちゃの匠/リイド社」(現・株式会社タカラトミー前会長が手がけたブリキ玩具の写真集)




ブリキのおもちゃと言えば膨大なコレクションで有名なのが北原照久氏。

宮澤さんが北原氏と組んで執筆されたのが「動くロボットをつくろう!シリーズ」(理論社)。

090419a.jpg



北原氏のコレクションの有名どころを工作してつくろう、というもの・・・小学生対象に平易な文章で書かれているのですが・・・中身は高度すぎて、私などとても作れそうもありません。

まず最初は必ず方眼紙に図面を書くところからはじめる(!)のですが、多少図面を書いてきたはずの私が見ても理解困難です。

090419b.jpg



また、材料はつまようじ、串、割り箸など身近なものと、加工しやすいスチレンボード(スーパーの惣菜などのトレーの材質)を使うのですが、これだけ精巧なものを「つまようじであける」って・・・えーと・・・。

090419c.jpg



スチレンボードはボンドなどでは溶けやすいため、セロテープで貼り付けることになっています。ギヤボックスをすべて輪ゴムを使ったプーリーに置き換えるのですが、これだけ複雑なものを脆弱なスチレンボードとつまようじ、割り箸、消しゴムなどで作るのは逆にハードルが高くなっているような気が(笑)。

090419d.jpg




4巻目では1900年代初頭から中期にかけてアメリカで製作された広告用のディスプレー「モーションディスプレー」を制作することに・・・もう、ロボットじゃないし!


特に3巻、4巻目は、全てモーター仕掛けで、テレビロボットなどちゃんとテレビ部分も写るようにするので半端ではありません。


個人的に感じたのは、作る前に全体の動作原理などの設計構想が分かりにくいこと、より高度な材料(プラ板とかピアノ線とかネジなど)を使わせた方が却って簡単ではないか、と思いました。私も小学生のころ真空管ラジオなどを組み立てた記憶があるのですが、ドリルや半田ごてなど普通に使っていましたし・・・そもそもこの図面が理解できるレベルの子ならつまようじや割り箸では物足りないだろうと思います。

まあ、「四の五の言ってねえで、言われたとおり作りやがれ、てんでぃ!」という職人気質が聞こえるようでもありますが(笑)。


玩具会社の職人さんから聞きました。昔は新人として先輩に付くと、ずっと先輩の仕事を黙って見ているように言われたそうです。そのうち、先輩が「あれ!」と声をかけるようになる。「あれ!」と言うのは「あの道具を持ってこい!」という意味です。「あれ!」と言われたときに、先輩が必要としている道具を、間違わずさっと差し出せるかどうかで、仕事が分かってきたかどうか判断された、ということです。


さて、「モーションディスプレー」ですが、カリフォルニアのベリンジャー・スタジオで作られたほとんどのものは北原氏が所有しており、「箱根トイミュージアム」で見られるようです。

北原コレクション


随分前ですが、横浜でこれらを見る機会があり、あまりのすばらしさに感激しました。思わず、高価な写真集を買ったほどです。

090419e.jpg




現在、この路線を継承しているからくり作家としては日本人の「ムットーニ」氏が有名です。


ムットーニ オフィシャル ウェブサイト
















ブロック新製品

Webでいくつか「ブロック」の新製品を見かけたのでまとめておきます。

Wammy(ワミー via DesignWorks)

以前、ここのアイクリップを紹介しましたが、またまた新しいブロックが発売されるようです。

080608a.jpg


これはブロックと言っていいのかどうか分からないぐらい、今までにない形をしていますね。
ソリッドとして何かを積み上げていくというよりは、サーフェイス(面)を構成していくタイプです。
曲げたり、通したりとかなり自由度が高く、ホックの連結部分は可動するのではと思います。
販売されたら遊んでみたい!

PABLO(パブロ)

080608b.jpg


同じくコクヨさん。紙製の組立てブロック。ブロックを展開図にして組立てるものは昔からありますが、これはちょっと特殊な形をしています。形状が2種類ほどしかないのはなぜ?もっといろいろ展開ができそうですが・・・


PLAYLEAF(プレイリーフ via Spiral)

080608c.jpg


これも柔らかい樹脂製で変形させながらジョイントできるようです。形が葉っぱのようで特殊なのでジョイントの自由度はどうなんでしょうか。


家具が作れるレゴブロック(via GIZMODO)

これはもう説明不要。

そう言えば、幼稚園のとき、教室にベニヤ板で作られた巨大な積み木があって、それで中に入れる戦車だか基地だかを作るのが好きでした。今考えると、巨大な積み木なんて危険だと言われそうですが、おおらかで良い時代でした・・・(遠い目)

確かにこの素材なら崩れたり、怪我をしにくそうでいいですね。


創作玩具展6

新聞で知った情報で、

東京造形大学 玩具研究ゼミ
「創作玩具展6」
2006.12.14~20

吉祥寺 リベストギャラリー 創

を見に行った。

せっかく1時間半もかけて出かけたが、残念ながら見るべき物がなかった。
アートなのか、教育なのか、工芸なのか・・・?ゼミの方向性も見えず、失礼だけれど、デザインの構想も弱ければ、物としての完成度も低い。
それにしてもなぜ8割方の作品が「タングラム」もどきなんだろう?

ほんと、申し訳ないけど、この分野に関しては評価が厳しくなります。
とにかく展覧会を見てはっきりと分かることは、担当教官の指導がダメダメだということ。(全く存じ上げない方なので、その人物や作品に対するコメントではありません。悪しからず。)




Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ