Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観天望気 番外 観測史上最高の積雪

今月の8日~9日と、つづく14~15日、関東甲信でも大雪に見舞われました。
前者は都心では45年ぶりに積雪が25㎝を記録、千葉でも気象庁の観測史上最高の積雪だったとか。私が見たところでは40㎝以上積もっていたようです。

特に山梨県など18日現在でも積雪により孤立している地域が残っているなど、大きな被害を起こしています。

近所の様子を記録しておきます。


2月9日朝6:30ごろ

140218a.jpg



140218b.jpg



140218c.jpg

車道と歩道の段差はおろか、普段だったら50㎝ほど高くなっている畑との段差も区別がつかないほど積もっています。


140218d.jpg

うおお、むちゃしやがって!(しばらくしてもとうとう新聞配達員は現れませんでした…諦めて帰ったのか…)


2月10日

140218g.jpg

朝、残って凍った路面に足を滑らせながら歩きました。ところが、なぜか積雪のない一帯を発見!道路の真ん中の安全地帯です。両脇に溜まっていないので除雪した風でもなく、もちろん触ってみてもそこだけ温度が高いということもありませんでした。不思議。これが技術的に可能ならいたるところに応用してほしい(笑)


140218e.jpg

犬?と小さな鳥の足跡。ハクセキレイでしょうか。


13日

140218f.jpg

残った雪の上に大きな鳥の足跡。カラスだと思われます。


16日

14日~15日にかけてまた30㎝ほど積もりましたが、湿った雪であったのと、天気がよく気温も高くなったため、16日にはほぼ日陰を除いて雪は解けました。

140218h.jpg

雪の残った空き地にまるまると太ったハクセキレイが。

それにしてもこの降雪、温暖化の影響で大気が大量の水蒸気を含むようになったからだとか…。例年のことになるのでしょうか。インフラの対策が急がれます。







観天望気 2013年9,10月 ペンションまるむし

観天望気 縮小版

9月3日は入道雲が凄かった。

06:28

130903-0628b.jpg


06:52

130903-0652b.jpg


08:11

130903-0811b.jpg
遠くからパースのように伸びてくる幾筋もの雲

13:34

130903-1334b.jpg


15:00

130903-1500b.jpg


15:07

130903-1507b.jpg


15:11

130903-1511b.jpg
家々が雲に飲み込まれそう…


15:19

130903-1519b.jpg
所々夕立が見える


9月19日 21:45

130919-2145b.jpg
中秋の名月


10月18日 06:07

131018-0607b.jpg


10月29日 06:18

131029-0618b.jpg


ペンションまるむし

9月5日

130905-0811b.jpg

大きなオオミズアオ。 久しぶりに見ました。翼長は10cmほどもあります。ちなみに羽の前の赤茶色の部分はフラッシュの影ではなく、そういう風な色の模様なのです。このドロップシャドーは何かの擬態なのでしょうか?













観天望気 2013年8月 ペンションまるむし

遅ればせながら観天望気の8月分を。諸々の事情により観天望気は半年ほど縮小版で掲載することになる予定です。

0803

130803-1349b.jpg


0804

130804-0903b.jpg


0805

130805-1536b.jpg
双子のような入道雲


130805-1835b.jpg


0806

130806-0848b.jpg


130806-1840b.jpg


130806-1852b.jpg


0812

130812-1704b.jpg


130812-1833b.jpg


0820

130820-1812b.jpg


0830

130830-0643b.jpg


ペンションまるむし

0801

130801-0808b.jpg

大きなクワガタがやってきました。写真を撮ろうとするとすごく威嚇されました(;^_^A


0810

130810-1416b.jpg

都内の公園で。死んだばかりでしょうか、まだとても綺麗です。ミンミンゼミはめったにお目に掛かったことがありません。


0825

130825-1804b.jpg

トラカミキリ 名前はトラですが、もちろん、ハチに擬態しています。









観天望気 2013年7月 ペンションまるむし

0701 06:27

130701-0627[1]b


0702 06:58

130702-0658b.jpg


13:54

130702-1354[1]b


0704 17:45

130704-1745[1]b


0706 10:06

130706-1006[2]b


18:53

130706-1853b.jpg



0707 16:48

130707-1648b.jpg


17:23

130707-1723b.jpg


18:49

130707-1849b.jpg



0708 16:59

130708-1659[2]b


18:43

130708-1843b.jpg


0709 18:21

130709-1821b.jpg


18:37

130709-1837b.jpg



0711 18:24

130711-1824b.jpg



0716 13:56

130716-1356[2]b



0719 09:27

130719-0927b.jpg


10:41

130719-1041b.jpg


18:23

130719-1823[1]b


18:50

130719-1850[1]b


18:51

130719-1851[1]b



0720 18:07

130720-1807b.jpg


19:05

130720-1905[3]b



0729 18:12

130729-1812[1]b



ペンション まるむし 虫など苦手な方は閲覧注意!






この夏もアゲハの幼虫を20匹近く面倒見ました(笑)

0701

130701-0658b.jpg

なぜか糸がはずれて逆さまになっていた蛹。ヤモリくんがいたのでそのせいかも。変色していたので死んでいると思いましたが触ってみたら動いたので…

130701-0829b.jpg

糸をかけて起こしてみました(;^_^A  でも結局、羽化せず死んでしまいました。


虫かごで蛹化させ、保護した個体たち。

0703

130703-0951b.jpg


0704

130704-1016[3]b


0708

130708-0645[1]b


0709

130709-0608b.jpg


0710

130710-0945b.jpg


羽化したら即、「放蝶」(笑)

今年、虫かごに保護した数は10匹ほど。昨年までは自然に羽化して飛んでいくにまかせていたのですが…

実は、アゲハの幼虫には、蛹化する直前に場所を移動するという性質があります。8割方の幼虫が餌場からいなくなってしまうのです。5m以上移動するものもいます。

そんなわけで、せっかく大きくしても勝手に蛹になって羽化するので、蝶々を見られないということで…

まあ、それだけならいいのですが、昨年、なんとサンダルの横にくっついたのがいて、知らずに踏みつぶしてしまったのです(≧▽≦)

詳しくは書きませんが、これにはかなり精神的にダメージをくらい、軽くトラウマになってしまいました。

そんなわけで、そういう事故を避けるためにも、蛹化しそうなヤツから虫かごに放り込んでいきました。


自分の観察では、アゲハには生存戦略的に間違ったDNAプログラムが二つあります。

一つは柑橘の葉っぱが少なくても大量の卵を産み付けること。その葉っぱにやってくるアゲハは一匹だけではないので多くの幼虫が孵り、結局葉っぱを食い尽くして共倒れになってしまいます。そのため、昨年ぐらいから心を鬼にして間引くことにしました。うちの小さな植木では養いきれません。

130622-0001.jpg
たくさん用意した葉っぱも…


130630-0001.jpg
約1週間でこの通り。おそるべき食欲なのです。


もう一つの戦略ミスは、蛹化する際に、狭くて暗い隙間を好むこと。スノコを敷いていたときにその下からたくさん蝶々の死骸が出てきたことがありました。

鳥などに見つからないように、ということは分かるのですが、羽化したときに羽が邪魔になって出てこられないような隙間でも入っていくのです。



0725

130725-1702b.jpg
ハナグモ


0728

130728-1153b.jpg

駐車場でお亡くなりになっていたヤモリさん。

















図鑑が好きなのだ16 冒険するのだ

今でも男の子にとって「冒険」という言葉は魅力的に響くのだろうか…?

「冒険図鑑」 さとうち藍 松岡達英 福音館書店  ほぼB6サイズ


130827a.jpg


この本はそんな子供達と元子供達に捧ぐ図鑑だ。本文を書いたさとうちさんは女性ながら世界を股に掛ける自然系ライター。福音館で多数の著作がある。

「はじめに」の冒頭部分を引用してみよう。

『冒険とは何だろう。文字通りの意味でいうと、危険を冒すこと。辞書のことばを借りると、成功の確かでないことをあえてすることだ。これから自分のすることが成功するか、失敗するかわからないが、あえて勇気を持ってやってみようというのだ。
 だからといって、人のやっていないこと、生命に危険なことをむこうみずにやるというのではない。行動に移す前は、慎重に計画を立て、準備をして、危険はできるだけさけなくてはいけない。そのうえで残る1%の予想もつかない危険に対して、勇敢に立ち向かうこと、それがこの本でいう冒険なのだ。』

しびれませんか?

もちろん、内容は引用した部分にもあるように、荒唐無稽な冒険心をあおるものではなく、とてもしっかりと現実的なアウトドアのノウハウが詰めこまれている。

こどものときに読んでいたら、きっと探検家になる夢を膨らませていたことだろう。

B6で厚さ20mm以上にもなるのだが、網羅的に野外活動のノウハウが詰め込まれているため、掘り下げの及んでいない部分もある。しかし、冒険への取っ掛かりとしては必要にして十分だろう。

個人的に残念だと思った部分はイラストのバックに濃いグリーンの網点が多用されているため、やや絵が見にくいこと。


後から知ったのだが、絵を担当している松岡達英紙は私の大好きな絵本「ぼくのロボット大旅行」の作者だった。


130827b.jpg
図鑑的な要素も散りばめられていて、この絵本も科学好きなこどもの心をくすぐるのだ。


さて、「冒険図鑑」は初版が1985年で、今は「福音館のDO!図鑑シリーズ」として9冊の図鑑がある。両氏のユニットの手による本も数冊が含まれている。




子どもとはじめる自然[冒険]図鑑 1 森と遊ぶ 稲本正 斉藤実  岩波書店 B5


130827c.jpg


こちらは全10冊のセットで、その1巻め。

「冒険」というサブタイトルがついているが、より身近な森の散策や森での遊びに特化した趣き。

この本では「森」といっても生き物は全く出てこず、「木」に親しむという観点が中心だ。

写真や絵が美しく、木の形やそれらを使った造形遊び、工作などについて詳しく書かれている。視点が物づくりやデザイナーに近いものがあると感じたので取り上げてみた。「子どもとはじめる」とあるように、基本的に大人向けの図鑑となっている。










Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。