Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然の錯視

ある所の待合室で、テーブルの下の棚に荷物を入れようとしたら

130508a.jpg

なぜか入らない。あれ?とよく見てみると…




130508b.jpg

フラッシュを焚いた写真。

壁になっていて、隙間なんて無い!


微妙な照明の加減と、長テーブルの下は荷物置きスペースになっているという思いこみから、リアルに錯視してしまいました。




奥行きのある紙 3D Perspective Diagram

以前、ネットのあちこちで「3D drawing pad」なるメモ帳が紹介されていました。


110627a01.jpg


私は雑貨屋で見て知っていたのですが、何だか分かりますか?

実はこの用紙の上に絵を描いて、赤青眼鏡で見ると、描いた絵が浮かび上がるというもの…。

もちろん、上の写真のようにはみ出して飛び出すなどというのは誇大広告です(笑)。というか、絵は全く飛び出しません。バックグラウンドの模様が少し凹んで見えるので、絵が浮かんだように見えるというわけです。すばらしい逆転の発想です。

現在、方眼タイプとドットタイプの2種類が発売されていて、なぜか微妙に眼鏡の色が違います…。


【3D drawing pad-3Dドローイングパッド】(楽天)


これを見たときに、すぐにここをこうしたらどうだろう?と思い至りました。

試作したところ、自分でいうのも何ですが、本家をしのぐ(かもしれない)出来となりました(笑)
名付けて「3D Perspective Diagram」です。(いや、まだ改良の余地ありなんですけど…)


1.ホームページかこのページ(下記ウインドウの右上四角アイコンをクリック)からPDFファイルをダウンロードしてください。









110627a.jpg


残念ながらこの用紙だけではなんのこっちゃら、です。赤青のセロファンを貼った立体視用のメガネが必要です。お持ちでない方は百均かどこかでセロファンを入手して作ってください。手間をかけるだけのおもしろさは保証します!

ただし、プリンターの色と、セロファンの色によってはうまく見えない場合もあります。赤のセロファンで赤の線が、青のセロファンで青の線が消えてできるだけ見えなくなるような組み合わせにしなければなりません。市販のメガネの中には緑色のセロファンのものもあるのでご注意ください。

左側に赤のセロファンが来るようにして、50cm以上離して見てください。


さて、次にこの紙に絵を描いて、メガネをかけて見てください。


110627b.jpg
(エッシャーの「Other World」を想起したのでエッシャーのキャラを描いてみました…)



どうでしょうか?

斜めに見てみたらどうなるか、逆さまにしたらどう見えるのか、遊んでいただければ幸いです。


※110710 補足再掲
私自身、いくつかセロファンを用意して赤青メガネの自作を試みたのですが、百均などのセロファンでは今ひとつ効果が弱いです。何か良い方法がないか引き続き検討していますが、確実なのはAmazonなどで赤青メガネを購入してしまうことです。Amazonの場合はマーケットプレイスものが多いので、送料がバカにならないのが難点ですが…








オリジナル名刺4 錯視名刺


これは錯視というより形や折った雰囲気が楽しい名刺なのですが…

110415c.jpg



こうなります。

110415d.jpg



一方向から見ると

110415f.jpg



反対側は

110415e.jpg


これのどこが錯視かって?いやいや、これはもちろん、錯視ではありません。これは「騙し絵」などの類ですね。


錯視のオマケは裏側。

110415g.jpg

グレーの市松模様のついた矢羽根柄。


こんな感じなのですが…

110415h.jpg



逆さまにすると…

110415i.jpg


あら、不思議(笑) 
全面グレー一色になってしまいます??




クリアアサヒの騙し絵

あまりお酒を飲まないので気がつきませんでした。

アサヒビールの新ジャンル・リキュール(発泡酒)の「クリアアサヒ」の缶デザインが「騙し絵」になっています。
これって2008年3月からの発売だったのですね。


110107asahi.jpg


見る角度によっては本当に泡がこぼれそうになっているように錯覚します。テレビで見て気になったので購入してみました。

普通、パッケージデザインって、会社ロゴにはめちゃくちゃ気を遣うものです。このデザインの場合、泡がロゴにかかって影まで落としているんですから!はっきり言ってこれが通るというのは、上層部の英断と言えるでしょう。頭が柔らかい会社と言えます。

お味の方は嘘偽りのないすっきり系(笑) こういう遊び心が気に入ったので贔屓にするとします。




「み る!みえる?」展に行ってきた

先月紹介した「み る!みえる?」展にぎりぎりで行ってきました。


油断していたら最終日に!気がつくのが遅かったので時間も既に午後。
しかし、地図を見ると以外と近いかも?と車で出発。

カーナビがないのでスマフォのgoogleマップのナビを頼りに行ったら車の通れない道に案内されて困惑。

よく見るとナビのアイコンが「人」になっていました。これは歩いて通れる道を示しているということか・・・。しかし、こんな距離を歩いてくる人がいるわけないだろー!と突っ込みを入れたり。

気を取り直して設定を「車」に変更し、再度、ナビの通りに進みました。すると、どんどん一方通行ばかりの細い道に案内され、とうとう行き止まりに!

確かに、到着しましたよ。千葉県立現代産業科学館の真裏。でも、延々とフェンスで囲われていて入れない・・・。なんという罠。

仕方なく車を止めて地図を確認していると、他にも車が2台入ってきて立ち往生。
どーやら、彼らもgoogle先生にハメられたようです(笑)

そんなこんなでなんとか到着したときには閉館まであと1時間になっていました。
ま、展示は小さかったので十分に見られましたが。



会場ではまず、有名な「北岡明佳」氏の動いて見える錯視のパネル展示に迎えられました。

画像はこちらにたくさんあるので省略。見たことのある人も多いでしょう。

これはすでにお馴染みで、実際、サイズにはあまり関係なく相変わらずウネウネ動いて見えました。

街という環境の中で何も考えず、これを描いたら、交通事故が増えてしまうかもしれません。
しかし逆に応用すれば交通事故防止に役立つかもしれないと。

以前、ある錯視を交通事故防止に応用するアイデアを考えたら、しばらくして、実際にそれに近いものが実行されたことがあります。動いて見える錯視によっても、一旦停止などを促すことができるかもしれません。


実際、会場には渋滞緩和のために錯視を応用するアイデアが紹介されていました。


101129x02.jpg



画面右の一見水平な道は、実はゆるやかな上り坂になっています。
高速道路などでこのような場所があると、中央の下り坂との関係でさらに下りが続いているように見えるということです。いわゆる「おばけ坂」の錯視といわれるもの。

このような場所では運転手は下りと思っているからアクセルを緩めますが、実際には上り坂なのでスピードが落ち、結果として渋滞が発生するとのことです。

これを緩和するために、壁に実際とは異なる水平線を描き、上り坂を上り坂として認識させようというもの。

明治大学 友枝明保氏の研究です。


さて、次は不可能立体。

いずれも、厚紙でできています。


101129a.jpg

101129b.jpg

101129c.jpg



実際に両眼で見ると、騙されにくいですが、カメラを通したり、片目をつぶって見るときちんと錯覚?できます。

いずれも明治大学 杉原厚吉氏の作。

詳細は「脳が鍛えられる「立体だまし絵」づくり へんな立体 杉原厚吉著 誠文堂新光社」などをどうぞ。



会場には同氏による2010年の「世界錯覚コンテスト」で優勝した作品「反重力4方向すべり台」も展示してありました。

101129d.jpg

これは動画を見ないと分かりませんね。







次、関西大学 ノーマン・D・クック氏による有名な逆遠近錯視。

これを実際に見るのは2回目ですが、本物はやはりすごいです。テレビでタレントさんが
驚いているのを見ると大げさに見えますが、はじめて実物を見るとマジでビックリ仰天します。


101129e.jpg

101129f.jpg

101129g.jpg

101129h.jpg



この現象を応用したのが私の逆遠近錯視ペーパークラフトです。




次、LEDのフラッシュによる残像現象


壁に1mほどの2本の光るスリットが・・・

101129i.jpg


顔を横に振ると、歩いている人が現れます。これだけ大きなものは初めて見ました。

101129j.jpg



このネタは古くからあり、通常は空間にテキストが表示されるものが多いです。

「LED 残像 文字」



最近ではiphonで遊べるアプリもあるようです。

超カッコイイ! 空中に文字が浮かび上がるiPhoneのアプリ(GIZMODO)



最後にNTTが開設している錯視サイトをご紹介。

ここには膨大な量の錯視が集められています。フラッシュものなど、ネットならではで必見です。


「イリュージョンフォーラム」


この他、千葉県立現代産業科学館には科学技術を応用した子供向けの常設展示もありました。
ネタはやや古いものが多いという印象でしたが、小学生には楽しめる内容になっていると思います。



Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。