Entries

今こそ『ディープインパクト』を観よう

大地震から1週間。

実際に被災したわけでもなく、本棚の本が飛び、食器が割れたぐらいですが、あの地震は確かに恐怖でした。もちろん、現地での惨状を思えば、比べることさえ恥ずかしいほどの経験なのですが…

いつもならすぐに収まる揺れが、収まるどころかどんどん強くなっていく。部屋中がきしみ、私は何もできず、ただただ、目の前のパソコンのモニターと本棚が倒れないように押さえているだけでした。ほんとはそんなに長かった筈はないのですが、2分ほども続いたように感じました。本棚の倒れ止めが2本とも吹っ飛んだときにはもうダメかもしれん、と思いました。

その後すぐの余震も1度目を凌ぐかのようにさえ思えました。

とにかく、机の下に入るとか、退避行動など全くできない自分がいました。頭の中にあったのは、押さえているモニターが床に落ちてブラウン管が破裂したら、後片付けが大変だ、ということ(笑)

確かに後から冷静に考えれば、それどころじゃない筈なんですが、思考が停止するんですね。あと、マンションにいると、逃げても仕方ないと普段から思っているということもあります。建物が崩れるような地震ならどの道、命はないと思っているところがあります。

その後からしばらくは大きな余震が続き、その度に夜中でも、携帯の緊急地震速報のブザーが鳴り出すので、不安でよく眠れない日々を過ごしました。これは東日本の方は皆、同じだったに違い有りません。

多くの人がTwitterで地震酔いのような症状を訴えています。私も同じで、いつも新幹線のトイレで用を足しているような不安定な感覚(笑)に苛まれています。

実際、どれだけ地震があったか、このサイトを見るとよく分かります。


Japan Quake Map


凄まじいと言うしかありません。

そして、東南海地震や関東直下型が連鎖して起こるのではないか、というような不安もさることながら、今は、福島の原発の事態を固唾を飲んで見守っているところです。

この件に関してはもちろん素人なので、事態の終着点など知るよしもありません。ただ、専門家といわれるような方々でさえ、いろいろと意見が分かれる中、自分が何を判断基準として、どのような行動を取ったらいいのか、多くの情報の中から自分のベクトルを探し出していくという希有な体験をしました。いや、今もしています。

その中で最も有用だったツールはTwitterです。地震直後から携帯が不通になる中、Twitterだけは活きていました。これは詳しくは知りませんが、1パケットで送れるデータ搬送の軽さにあるようです。

そしてネットの集合知を繋ぎ合わせるのにこれほど簡便で即時性のあるツールはないということを実感しました。

もちろん、有象無象のノイズも多いツールで、デマの拡散も早いのですが、その分、それを修正しようとする力も働きます。しかも今回、皆が時と共に、拡散時のフィルタリングを慎重に行うようになっていくのが分かりました。Twitterに関しては皆が今回の経験でいわゆる「ネットリテラシー」というものを向上させたと思います。

そして、テレビやラジオなどのメディア、ネットから集まった情報を判断して自分の行動方向を決めるためには、いくつかの要素があることが分かりました。

1つめは、個人個人の教養です。例えば原発についての情報を判断するためには、多少なりとも物理学に対する理解力が必要です。分からなければそれが分かるような基礎的なところまでネットなどを遡上していく必要があります。ここには海外のサイトから情報を得るための語学力なども含まれるでしょう。

2つめは、個人の感情。放射能汚染のようなよく分からない怖い情報に接して、それに目をつぶってしまうか、それに対峙するか。あるいは、自分と異なった意見に対して、怒りをぶつけたり蔑んだりしてしまうのか、許容するのか。今回は自分も思わず感情的になったりする場面もあり反省しています。とにかくどこまで冷静さを保てるかということ。

3つめには、自分の価値基準です。つまり、あなたは結局、事、ここに及んだときにどうするのか、ということ。結局、これが最も重要なことなのかもしれません。例えば、単純化すると、このような極限の状況に陥ったときに、大切なのは自分の命か、家族か誰か他の人の命なのか、といったようなこと。金なのか、仕事なのか、名誉なのかというようなこともあるでしょう。そんなの簡単に答えは出る筈もありません。そんな判断しなくてもよい日常が続けば良かったのに。夢なら覚めてほしい、と心底思います。でも、今でも現実感のないこの悪夢のような出来事は実際に起こってしまいました。誰もが何かを決断しなければならないときが来るかも知れません。
私はとてもヘタレで情け無い人間です。しかし、今、他の人のために頑張っている人がいる以上、少しでもやせ我慢していられたらと思います。


あー、多分、ストレスの所為で長文になってしまいました。ま、誰も読んではいないでしょう。


今日はこんなときにこそ見るべきSFの名作を観ました。

『ディープインパクト』1998年アメリカ映画。ミミ・レダー監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮。ドリームワークス・パラマウント映画共同配給。

お馬さんではありません。地球に巨大彗星が衝突するというディザスタームービーの定番設定SF。

天文学に詳しい人から言わせると科学考証部分にはやや難があるそうです。そもそも地球直撃コースにある彗星の情報を1年間も隠しておくことは無理だとか。アマチュア天文学者にも分かるそうです。その他、非常に重力の弱い彗星の表面を走ったり・・・

ま、そこらへんは置いておいて、ひょんなことから主人公の女性記者ジェニー・ラーナーが重大な秘密に近づいていくというイントロから、まるで推理もののようで引き込まれます(出てくる10年前のパソコンも懐かしい)。

とにかく女性監督らしく、登場人物それぞれの心のひだを丁寧に描き、ハデさはないものの、甘いところの微塵もないすばらしい映画です。この映画で描かれれているのは、派手なSFアクションではありません。テーマは、いわば「人間の尊厳」でしょう。

宇宙船の船長に扮するロバート・デュヴァルがすばらしい。そして常に最悪の事態を想定して、見事な指導力を発揮する大統領役のモーガン・フリーマンも見物です。今回改めてこれを観て、我が国の政治家と見比べて落ち込んでしまい・・・あ、それじゃ逆効果でんがな!


最後の最後にオマケ。本当の絶望とはこういうこと。これに比べたら、今度の震災に対してどのように向き合うべきか、希望が見えてくるかもしれません。



直径400kmの巨大隕石が衝突したとき、地球で何が起こるのか










展覧会情報 覚え書き

「クリエイター100人からの年賀状」展 vol.6

株式会社 竹尾 見本帖本店

2011年1月14日(金)~2月18日(金)
10:00~19:00 土日祝休
・1月14日(金)は17:00まで

最寄り駅は神保町、竹橋、お茶の水など・・・どこからもちょっと離れてるんですね。



新プロフェッショナル宣言!「女流クリエイター博覧会」

2011年1月27日(木)から1月30日(日)

CLASKA「The 8th Gallery

〒152-0001
東京都目黒区中央町1-3-18 Claska8F
Tel: 03.3719.8121

これは、見応えありそう。でも、あたしとしてはアクセス悪いなあ・・・


吾妻ひでお展

吾妻ひでおマニアックス
会場:米沢嘉博配念図書館1階展示コーナー
期間:2011年2月4日(金)~5月29日(日)


吾妻ひでお美少女実験室
会場:明冶大字博物館特別展示室(駿河台キャンバスアカデミーコモン地下1階)
期間:2011年4月23日(土)~5月23日(月)※ゴールデンウイーク中も開館します。

この人のキャラは男の子も女の子も本当にかわいらしかった。「ゲゲゲ」の次は吾妻ひでおのドラマを!

※上記展覧会の休日・入場料などの情報は各HPにてご確認ください。

JAXAi

前回紹介した『世界創作人形展』を見に丸の内oazoに行ってきました。

人形展は撮影禁止でしたので紹介できませんが、こちらのスライドショーで少し写真が見られます。

第2回 世界創作人形展

個人的には井桁さんの陶器の小品が気に入りました。とても欲しかったのですが、既に売約済みでした。残念・・・というか、お金がないのを忘れて魅了されてしまうのです。


さて、代わりと言ってはなんですが、先日の事業仕分けで残念ながら廃止が決まった『JAXAi』の写真でも・・・。まあ、こんな小さな施設に年間1億かけているなんて、はっきり言ってあり得ないわけですが。「日本科学未来館」にでも設置すればいいと思います。

普段はがらがらですが、さすがにゴールデンウイークということで、子供たちでいっぱいでした。クイズラリーに答えると「素敵な賞品がもらえるよ!」とのことなので頑張って記入しました。

難しくてヒントがないと答えられないレベル。展示を回って答えをさがすのにけっこう時間がかかりました。なんとか花丸をもらいました。

100504a.jpg


これで素敵な賞品が・・・わくわく!
素敵な賞・・・は?・・・「ジャクマ」とかいういい加減なキャラのついた紙のシール・・・

100504b.jpg


廃止決定です。



勉強になる展示はたくさんあったのですが、今回は「模型」特集。

まずは「小惑星探査機 はやぶさ」

100504c.jpg



「ソユーズ宇宙船」

100504d.jpg



「ソユーズロケット」

100504e.jpg



「HTV 宇宙ステーション補給機」

100504f.jpg



「H-ⅡBロケット」

100504g.jpg


ささ、見たい方は今のうちだよ、いらっしゃい、いらっしゃ~い!





『2012』

『2012』の試写会を観てきました。

ちょいネタバレあるかもなのでご注意を!気になる人は読まないでくださいまし。







あちこちでトレーラーが出ているように、どれだけの費用と手間をかけたんだろってくらいのCGです。まあ、「ディザスター」映画(以前はカタストロフィ〈catastrophe〉映画って言ってたっけ)のお好きな方、あるいは「秘密基地」が好きという方は見て損はないでしょう。


とにかくこれでもか、というほどの危機また危機の連続なので2時間半の尺も長くは感じません。しかし、トレーラーにもあるように主人公はどのような危機もヒラリヒラリとかわし続けるので、もうほとんと「スラップスティック・コメディ」にしか見えません。笑いながら観るのが吉。

CGは凄いのですが、ドラマとしてははっきり言ってかなり低レベルです。あんたら家族さえ生き残ればそれでいいんかと・・・なんだかなー。予告編観て「落としどころ」が気になっていたんだけど、これはちょっとどーなの?人類の99.99%以上が死滅する設定にしては生き残った人の笑顔がお気楽なこと(笑)。ま、映像にエネルギーを注ぎ込んだのでお話は二の次、三の次ってことで・・・ローランド・エメリッヒだし。


さーて、今回も激しく気になったのはテクノロジーに対しての安易な設定。わずか3年で○○○を○○○してしまいます・・・。しかも、メイド・イン・チャイナ。どー考えてもアブナイだろ、それ(笑)。現実では、ジャンボジェットでさえ、設計から就航まで、確か10年位はかかっているはずだけど・・・。

そういや『ザ・コア』という映画では地核の中を進む特殊潜行艇をたった3ヶ月とかで作っていたよーな。ディザスター系の映画で回避手段をどれぐらいのタイムスパンで完了しているのか、1回調べてみたくなりました・・・個人的テーマとしよう。








ジャパンロボットフェスティバル2009inTOYAMA

教えていただいた情報です。

富山で「ジャパンロボットフェスティバル2009」が開催されます。(詳細はリンク先参照)

ここに「ロボット博士」こと相澤次郎氏のロボットが4体、修復され、稼働状態で展示されるとのことです。

→「スタッフブログ200907.30


丁度1年前にブログで相澤氏のロボットについて書きました。→「コグレサイボーグ

その後、ご存知のように「ゆうばりロボット大科学館」が取り壊され、ロボットはオークションなどにかけられたようです。相澤氏のロボットも海外流出の憂き目に遭うかと心配していたのですが、有志の手により救出されたようです。

(『20世紀少年』にこの手のロボットのイメージが登場しないのは、活躍の場が大阪電気科学館だったり、万博会場だったりと関西方面中心のため、浦沢直樹氏にインプリントされなかったからではないでしょうか。)

富山では9月26日と27日だけですが、もったいない。ぜひ、全国を巡回してほしいものです。









Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ