Entries

かしこい箱

街のピザ屋さんで買ったときの箱がすばらしい設計でした。開くと1枚の紙になり、糊付け部分がありません。重要なポイントはこの角の処理。蓋の部分を閉じていくと勝手に角が内側に畳まれていきます。コーナー部分がC面状に凹むとともに、構造上、蓋を支えるので重ねた場合などの強度が増します。賢すぎる!!!...

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。Twitterでつぶやくことが多くなって、こちらは滞り勝ちですが(;^_^A本年もひとつよろしく。...

2018 立体カレンダー

ギリギリ!2018年の立体カレンダーです。拙ホームページのspielworksに展開図が載せてあります。まず、折線にあらかじめ鉄筆などで折りスジをつけておいてください。外側の濃い実線をカットします。内側にいくつか穴が開きます。まずは2018と書いてある真ん中部分から貼り合わせていきます。手順を考えながら少しずつのりしろを貼り付けていってください。先を考えないで闇雲に貼っていくと、非常に作りにくくなる場合があります。...

オリジナル名刺11

てっきりこのblogで紹介したとばかり思っていたのですが…したかな?してない?最近はツイッターで発信してしまうので、こちらが滞り気味。すんません。フォールディングパズルを応用した名刺。一枚の紙を折って構成されています。糊は使っていません。で、まあ、こいつを眺めていたら、切り方を変えられることに気が付き…うーん、シンプルにはなったけれど、デザインのい面白さとしては最初の方に軍配が上がりますね。さらに、あれ...

「飾り原稿用紙」 新色:金鶯錯(きんおうさく) 出ました!

「飾り原稿用紙」の新作が出ました。その名も『金鶯錯(きんおうさく)』 いつもながら小日向さんの命名には感心致します。「あたぼうステーショナリー 飾り原稿用紙」その名の通り、色は金色にも鶯色にも見える色合い。「錯」は「錯視」の錯です。今回、飾り罫が自分に任せられたので、いろいろと悩んだ末、自分の好みで「錯視」をモチーフにしました。錯視といっても、生理的に発現するそれではなく、立体を平面に落とし込もう...

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ