fc2ブログ

Entries

公園遊具7

またまた公園遊具。大きな樹脂の滑り台が2種類。前回の「公園遊具6」と同じ形状ですね。ちょっと詳しく見なかったのですが、これほど大きな滑り台をどのように成形しているのでしょうかね?現場を見てみたいものです。反対側には「水平雲梯」が。実はこの雲梯の位置がかなり高い。ざっと自分の身長を参考に測ったところ2m20cmぐらいの位置にありました。オレンジの矢印のところには前回と同じJPFAの年齢マークが貼ってあります...

怪獣トラップ

買い物で歩いていて、大きな鉄塔の構造物を見かけました。何だ、あれは?と、歩いて訪れました。住宅街の中に異様な構造物。ようやく辿り着きました。フレーム構造であるためか、遠くで見たときの印象ほどには圧迫感がない感じ。高電圧をかけて怪獣の進行を阻むような作戦が、昔の怪獣映画であったような…調べてみると、地図上では「変電所」となっています。架空送電線から地中送電線(または変電所や工場施設)の地中へと配線する...

公園遊具6

今日の公園遊具。高い屋根のある滑り台。手前に短いネット。この屋根の高さと角度は何のためでしょうね?南向きでもないし、太陽電池もありません。夏場の日除けにもなりにくいし、強風のときは風を受けそう…反対側に真っ直ぐタイプの輪潜りがひとつ。ちょっと寂しい作り。ラベルが付けられていました。SP(セーフティプロダクト)マークが付いています。「安全面に配慮された製品に関する取組」(消費者庁)ラベルにある「JPFA」...

公園遊具5

今回は、ほぼ鉄素材による構成。滑り台とジャングルジムが合体しています。ドーム状の先端の飛び出した鉄柱は何か意味があるのでしょうか?定番の180°輪潜り。滑り台反対側の黄色い部分に何もないのはもったいないですね。上り棒などを設けるのもよいのでは、と。階段を上ってみたら、上部のアーチでしこたま頭を打ちました。気を付けて足元だけを見ていたのと、大人を想定した大きさではないからということでしょうか?塗装が...

輪ゴムの不可能物体(オリジナル名刺12)

SNSで流れてきた小ネタ。面白かったのでご紹介。輪ゴムがカップの取っ手にハマっています。あれ?もちろん、切れ目はありません。とまあ、ぱっと見、不思議なのですが、実はやってみると、あっけないほど簡単で(^^)と、ここでムラムラと紙で再現できないかという欲求が…原理は分かっていても作るのはけっこう大変でした。自分の「ヘンな名刺」コレクションに加えたいのですが、まったく量産が効きません。...

大同生命ビル

学生のころ、電車の窓から見て気になっていたビルを思い出し、行ってみました。御堂筋線の江坂にある大同生命ビル。1階部分が巨大な温室状のアトリウムになっています。江坂の駅から直結しています。中心部がビルの柱になっていてその周りをぐるっと取り囲むようにアトリウムスペースが広がっています。1972年に建設され、西日本の植生(照葉樹林帯)をインドアにというテーマで、80種、約2500本以上の植物が植えられて...

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ