Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2017年 立体カレンダー



2017年の立体カレンダーです。

161206a.jpg


六面すべてがL字状になった立方体。

2008年の「4CUBES CALENDER」から凹みが二つ少なくなった形状なので、一見非常にシンプルなんですが…。


毎年立体カレンダーを設計していますが、いくつか決まった条件があります。

1.当たり前ですが、展開図として成立すること。

実は立体のイメージから展開図を探っていくと展開図の面が重なってしまうことがあるのです。
当然ながら平面の紙の上では同じ場所に面が重なって存在することはできません。つまりどこかで重なる部分を他所にもっていかないといけないのです。


2.1枚の繋がった展開図となること。

これは必ずしも必須の条件ではありません。それよりもA4の中にできるだけ大きく納まるかという条件の方が優先されます。
従って、1枚の繋がった展開図にできることが分かってもわざと分割することもあります。

3.すべての辺が「のりしろ」で閉じられること。

これは数学的に展開図を研究している場合にはおそらく関係ないことでしょう。
しかし、実際にパッケージを作るシーンなどでは必ずのりしろによって辺を保持しなければなりません。つまり、数学的には展開図が成立してものりしろを設けることができない場合もあるのです。

今回の形状はこの3の条件を満たすのに苦心しました。形状としてはシンプルで角を2か所凹ませればいいだけなのですが。
最後までうまくいくか確信が持てませんでした。やれやれ、なんとかちょっとパズル的な設計でクリアすることができました。


作り方は山折り・谷折りに従っていけばそれほど難しくはないでしょう。

2か所の凹んだ部分を先に作るようにしていくとよいでしょう。

161206c.jpg



さて、お時間ありましたら拙ホームページのspielworksより図面をDLし、組み立ててみてください。

161206b.jpg


















0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。