fc2ブログ

Entries

スニーカー修理

履き易くてお気に入りのスニーカーが壊れたので修理。色も気に入っているのですが、もうこのモデルは販売されていません。

180528a.jpg


左右共に接着剤が劣化してはがれてきました。

洗って乾かした後、今回は「ボンドGクリヤー」を使用。本当は皮革用のゴム糊が強いのですが、はみだしを考えると黄色いものは厳しいですね。(実際、ボンドGクリヤーも糸引きが強くてやっかいでした。)

180528b.jpg


はがれた部分を貼り合わせた後、ソールの擦り減ったところも補修。

180528c.jpg


今回はセメダインの「シューズドクターN」を使ってみます。

180528d.jpg

空気中の水分により硬化します。23℃、湿度50%、肉盛り厚2㎜で約24時間とのこと。


180528f.jpg

今回は付属のポリ板を使わず直接ガムテープで土手を作りました。
補修剤の粘度が非常に高く、ヘラを使って平にするのがけっこう大変でした。ヘラをできるだけ寝かせて使うのがコツ。補修剤は開封すると硬化が始まるので、一度にたくさんの靴を修理した方が良いようです。(瞬間接着剤と同じですかね。)

今回、一度に4足修理しましたが、だいたい2足ぐらい補修したところでコツが飲み込めてきました。


180528g.jpg

硬化した後ではがしてみると…
少し隙間が。粘度が高いので充填しにくいのです。さらに追加で隙間を埋め、乾燥させて終了しました。靴底だけあって、カチンカチンではなく硬質のゴムのような感じです。

さて、あとはどれくらい保つかということですね。








0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ