Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/137-72cb80a1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

秘密の文字2

今月号の「GoodsPress」に「最大150倍の超マクロレンズが誘うミクロの世界」と題して、台湾のモルス・テクノロジー社が作った「エックス・ルーペ」というマクロ撮影用のデジカメキットが紹介されていた。
業務用からのスピン・オフということだが、それにしても25万円とは・・・個人で遊ぶには高い買い物だ。

以前紹介した「ポケット顕微鏡」なら150倍とはいかないまでも、個人で遊ぶには充分に値段分(約¥800)の価値はあるかと(笑)。
※アフィリエイトはやっていないので、どちらのリンク先も単なる紹介だけです。購入をすすめるものではありません。

例えば、こんな風にカメラに両面テープでくっつけて写してみたり・・・。

070106a.jpg


以前書いた記事では壱万円札の「10000」のところにある微細文字を写したが、他にも同じぐらいのサイズの印刷があった。
下側中央の「国立印刷局製造」の文字の上の模様の中である。
これも肉眼ではほぼ判別不可能。

070106b.jpg



さて、ネットを逍遥していたら、「500円硬貨」にも微細文字が彫刻されているという記事があったので撮ってみた。

070106c.jpg


これは「潜像」というのかな、斜め下から「0」の中を見ると「500円」という文字が縦に浮かび上がるもの。これはもちろん、肉眼で確認できるものだが、硬貨が古いと傷んで判らなくなるようだ。(撮影:C-3030+虫眼鏡)

で、さらに、その数字の中に「NIPPON」という文字が隠されている。

070106d.jpg


PとPが見える。他の文字も同様に入っている。(撮影:C-3030+ポケット顕微鏡)

これだけじゃない。裏にもある。

070106e.jpg


どれだけ小さいねん!この加工技術は凄いなあ。印刷より凄いかも。
さすがに硬貨は反射したりして撮影は難しかった・・・というより、傷の少ない新しい500円玉がなかなか見つからなかった。ポケット顕微鏡とウチのボロカメラの性能の限界に迫る撮影どした。


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/137-72cb80a1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。