Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/181-eecb66d9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

本レビュー:いつも「仕事がうまくいく人」の魔法の手帳術

いつも「仕事がうまくいく人」の魔法の手帳術

和田茂夫 PHP研究所 06年11月8日初版

これまた、「手帳道」自己管理修行系のたいへん真面目な本である。筆者はとても膨大で細かい「手帳システム」を提唱するのだが、この「手帳道」を極めて「仕事がうまくいく人」に成るのはかなりキビシイと感じた(笑)。

メモ帳にはリング式やパッド式があるとか、ポストイットを挟んでおこう、とか、下線や〇で強調しよう、とか記号や漢字の略字を使う、とかタスクの占める時間は←→のように書こう、とかいうような誰もが普通に行っているようなことでページを増やしている部分もあるが、それはまあ、ご愛嬌。


問題は肝心の筆者の手帳システムである。

手帳からメモから携帯電話まで広範囲な自己管理手法に言及するあまり、内容が拡散的になっていると思う。

この本の提唱するシステムでは、まず、「手帳」と「ノート」と「メモ」を分けて使う。

このうち、手帳には「スケジュール」「To Do」「関連メモ」の3項目を書く。「アイデアや情報」はノートに、「住所録や電話番号簿」は携帯電話に入れる。

このとき、補助的なメモとして、「ポストイット」と「名刺サイズカード」、「メモパッド」と「B6判かA5判のメモ(しかも色付き)」を併用するということ。

そして、「スケジュール」は週単位、月単位、年単位の3つを記入し、また「当面のスケジュール」、「今期のスケジュール」、「人生のスケジュール」を記入する。

「To Doリスト」は緊急度と重要度によって9つに分け、これも「当面」、「今期」、「人生」の3つを用意する。ひぃー!!(。>_<。)

記入するにも細かい約束があり、「カイゼン」「見える化」「標準化」「一元化」と、品質管理手法の単語を多用してその方法が説明される。

著者はめちゃくちゃ生真面目なA型気質の方とお見受けする。自己管理という縄で自分を縛るのが趣味という方でないと覚えきれそうもない。

気になった点が二つほど。

まず、「ToDoリスト」などに代表されるタスクの「優先順位」であるが、その判断基準は定番のテーマである。この本ではよくあるように「重要度」と「緊急度」のタグで、それぞれ大中小の3つに分け、9つのマトリックスに分けるのだが、結局は「重要度」のみで判断しているように思える。

そもそも、このマトリックスについては常々疑問に思っている。本質的に、「重要度」や「緊急度」という言葉はすでに判断が成された状態を表しているので、「予定を立てるため」に使うと具体性がぼやけてしまうのだ。これについてはまたの機会に。

もう一つは、携帯電話に任せることは携帯に、ということで、「手帳にカレンダーは一切必要ない」、と言い切っているのであるが、これには驚いた。


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/181-eecb66d9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。