Entries

2D CADレビューというか・・・

CADの歴史はかなり古い。1960年代半ばにはロッキード社の商用CADが運用されていたというのだから驚く。そういえば、有名な3D CADのCATIAもフランスの航空機メーカー、ダッソー(システムズ)社のものだ。航空機用というか軍事関係の要求があってのことかもしれない。

もともとの出自が古いせいか、どうも2DのCADというのはユーザーインターフェースがあまり洗練されていないように感じる。
最近ではフリーで手に入るCADソフトもたくさんあるのだが、どーしてどれもこれも、ここまで使い勝手が悪いのだろうか。

例えば国産のフリーのCADの草分けと言えば、「Jw cad」がある。書店で簡単に手に入るCAD関係の本といえば、AutoCADかJw cadくらいのものだ。

で、このJw cadが、いくら建築用とはいえ、あまりに勝手が悪くて、全く使う気になれない。これが業界のデファクトスタンダードなんだから、建築家というのは、どうやって図面を書いているのだろうと、不思議で仕方ない。「慣れ」の問題をはるかに超越しているように思うのだが。まあ、その道に特化した利点があるのだろう。

今まで試してみた主なフリーCADを列挙すると・・・

国内サイト
Ho CAD
Jw cad
My CAD
SP-CAD
鍋CAD
KING CAD
IJCAD
Sai draw

海外サイト
DESI-III
A9CAD
HY CAD
CADE
CadStd
jDraft

以上、残念ながらどれも操作勝手や性能が満足できなくて、使う気になれなかった。(全く個人的な観点ですよ!)


個人的に使えるレベルのものは次の通り。


「CAD DJ」

見た目がすっきりして、いかにも新しい感じのCADだ。

CADを使うときに自分が一番気にするのが、ドラッグで画面を引き回せ(カーソルが手の形になるヤツ)、ホイールで拡大縮小ができるかどうかということである。
つまり、好きなときに好きなところを好きな大きさで見られるかどうかということである。これができないとどうも思考の流れをスポイルするのだ。

CAD DJは両方ともホイールに割り当てられているので問題ない。
他、平行線は使い勝手がよくてマル。トリミング関係がよくない。直線を任意に伸縮できない。円のカットも面倒か。

とにかく無料版の「DJ!!Standard」は制限が多くて残念だ。せめてDXFでのエクスポートぐらい対応してほしい。なんかいろんな細かい制限がケチ臭いんだよね(笑)。いっそのこと
有料版だけにすればいいのに。
夏にリリースされる後継の「RootPro CAD」Standard に期待か。

ちなみに以前ここで紹介した「2円と1直線に接する接円の問題」がCADの能力を見るベンチマークとして面白いかもしれない。試しに書かせてみると、8円のうち、5つしか描画できなかった。機械系CADとしては失格だ。

070604a.jpg



「SakuraCad」 

らんゆう氏が個人的にこつこつと開発しているCAD。開発終了のLiliCadの後継。
個人でこれほどのものを作るのだからスゴイです。

ホイールが拡大縮小ではなく、上下移動なのが残念(%数値ボックスをクリックすると連動するが)。画面のドラッグにも対応しておらず、ホイールクリックでカーソル位置が中心点に移動する。このあたりがちょっと昔のCADっぽい。

平行線の幅入力ができないのが痛いなあ。線の伸縮など細かいところにやや使いにくさあり。「テストバージョン」ということでバグらしきものもあった。

繋がったラインをポリゴン化できるというのが他のCADにない特徴で、これは貴重な機能である。DXF形式の入出力ができるので、AR CADで描いたものを読み込んでポリゴン化し、再度AR CADに渡して塗りつぶすという裏技に使える。

「接円の問題」を書かせると瞬時に8個の円を描写したので驚いた。かしこいです。

070604b.jpg



「AR CAD」        

前回の記事で紹介したように、今の所、フリーのCADでは最高かと思う。接円の問題もクリア。当ブログの一押しCADなのだ。

070604c.jpg


追記:

DJ CAD の接円の問題については、直線の長さによって正答数が変化します。これは「直線」を数学的に無限長としてとらえるか、有限の線分としてとらえるか等、CADの考え方によるようです。
また、他のCADでテストしてみたところ、同じ接円系のコマンドでも(3線とか2点1線とか複数あります)、コマンドの違いにより、線を有限として捉えたり、無限として捉えたり、必ずしも一定していないようです。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/202-3a01a92a

1件のトラックバック

[T54] コマンドウィンドウの使い方 その 4

こんばんは、、CADソフト RootPro CAD 営業の nakashima

11件のコメント

[C144] 参考になります

AR CADを使い始めたばかりのものです。
初心者にも直感的に使いやすいすぐれものだと感心しています。
ところで、SakuraCadでm繋がったラインをポリゴン化できるというのを読み、早速ダウンロードしました。
しかし、ヘルプもあまり詳しくなく、実際どのようにすればポリゴン化できるのかがよくわかりませんでした。
できれば、コマンド名などを教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。
  • 2007-06-22
  • hokako
  • URL
  • 編集

[C145] Re:参考になります

ご覧いただきありがとうございます。

はいはい、ポリゴン化ですね。まず、矢印(↑)のコマンドでポリライン化したい図形を選択しておきます。
そのあと、ツールバーの【図形】→【移動・変形】→【ポリライン化】でポリライン化できます。

その後、一番下の「塗り」(刷毛のマーク)で塗りつぶせればポリゴン化ができています。SakuraCadにもグラデーションの塗りや透過があるのでグラフィック的にも使いでがあります。必ずしもまたAR CADに渡さなくてもいいかもしれませんね。
  • 2007-06-22
  • horirium
  • URL
  • 編集

[C147] ありがとうございます

ありがとうございます。早速やってみます。
便利機能ですね~。
しかし、SakuraCadは私にはかなり使いにくいです(笑)
SakuraCadが特にという訳ではなく、他のCAD並に使いにくいという感じでしょうか。
というかARが使い良すぎるのかもしれませんね。
直感的インターフェイスという点ではARはダントツですね。
  • 2007-06-25
  • hokako
  • URL
  • 編集

[C150] 「2円と1直線に接する接円の問題」の件

「2円と1直線に接する接円の問題」でDJが5本しか書けていないと言うことですが、
直線の長さに影響されていると思います。
長くしますと、8本画けるようです。
CADによって接線の考え方が違うためでしょうか。
(その長さの線として認識しているのか、短くても無限に長いと認識するかの違い)
  • 2007-07-25
  • φ(。・ω・`)
  • URL
  • 編集

[C151] Re: 「2円と1直線に接する接円の問題」の件

コメントありがとうございます。
私もDJは条件によって描画できる円の数が変わるのは分かっていました。
ただ、CADというのはあくまでもモニターという狭い領域で作業するものなので、作図の設定によっては巨大な接円が存在するかどうかは、作業者がとんでもなく長い直線を書くがどうかによる・・・ということではちょっと実作業上疑問があります。

もちろん、これはDJが線を直線(無限長)ではなく、正直に線分(有限長)として捉えているからでしょう。もしかしたら直線のコマンドがあるのかもしれません(すみません、すでにDJを削除したので確認できません)。
そう言えば、実際にCADの中には直線と線分が分かれているものもありましたね。DJがそういう考え方なら「失格」などと書いたのは私の誤りですね。すみません。

数学の設問ではただ、「直線」と書けば済んでしまうわけですが、CADが有限の「設計」用であることを考えると、まあ、後者もありでしょうか。ただ、個人的にはそれはちょっと面倒かなあ・・・。
  • 2007-07-25
  • horirium
  • URL
  • 編集

[C170]

DJですが、3接円で問題が出るようですね。
三つの円を適当に描き、その中央に3接円を描いたとします。
それぞれの交点に直線を引こうとしても、場合によっては交点(接している部分)をサーチしてくれません。
また、この部分を拡大していくと、円同士が交差しているように表示されてしまいます。
また、仮にサーチ出来て寸法を書いてみますと、
他のCADと少々寸法が違うのです。
さらに、他のCADで書いた同様のDXFを開いても
DJではサーチ出来なかったり、寸法が違ったり…

ちょっとこれでは機械屋さんにとっては辛いかなと思いました。

AUTOCADとの互換性を考えるとDJってとてもすばらしいと思っていたのですがねぇー。

癖は有りますが、ARの方が良さそうですね(^^)
  • 2007-09-28
  • φ(。・ω・`)
  • URL
  • 編集

[C171] Re:

接円関係は機能に差が出やすいところかもしれませんね。例えばほとんどのCADでは楕円との接線などは苦手の筈ですし。楕円などまあ、設計ではあまり使わないのですが、テクニカルイラストを描こうとすると、多用することになるので、ほんとはちゃんと計算してほしいところなんですが。ちなみにDJは後継の「RootPro CAD」になりましたね。まだ、触っていませんが、やはり無料版はDXFの出力ができないようなので魅力半減です。
  • 2007-09-28
  • horirium
  • URL
  • 編集

[C236] RootPro CAD について

3接円の問題につきまして
現在、開発しておりますバージョンで、修正を行いました。
描画の仕方を分かり易く工夫しております。
次の大きなバージョンアップまで、しばらくお待ちください。

↓ブログ始めました。
http://rootprocad.cocolog-nifty.com/

[C240] Re:RootPro CAD について

いろいろ勝手なことを言いまして申し訳ありません(;^_^

後でまたちょっと試用させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
  • 2008-06-17
  • horirium
  • URL
  • 編集

[C242] RootPro CAD Ver3.52 を公開しました。

>horirium 様

3 図形接円の問題をクリアーした、
RootPro CAD Ver3.52 を公開いたしました。

宣伝ではないですが、ご報告だけさせてください。
今後とも、よろしくお願いいたします。

[C243] Re:RootPro CAD Ver3.52 を公開しました。

CADの宣伝は大歓迎です(笑)。

>3 図形接円の問題をクリアー

おっ!!では、僭越ながら、レビューさせて頂きたい思います。よろしくお願いいたします。

  • 2008-06-21
  • horirium
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ