Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/235-63b4e3da

-件のトラックバック

-件のコメント

[C174]

モノ保ちいいなぁーー(笑
昔は想像力だけで描いてるもんね。
そういうほうがリアルな写真とかより
リアリティがあるってのが面白い。
  • 2007-10-19
  • ヤポ
  • URL
  • 編集

[C175] Re:

世界初の人工衛星、スプートニクが57年、ガガーリンの有人宇宙飛行が61年だから、当時はまさにリアルな宇宙観が人々の共通のイメージとして驚きとともに認識されはじめたころだったのではないだろーか。太陽の方はどれだけの観測写真があったのか知らないけれど、この絵はすごいと思う。
  • 2007-10-19
  • horirium
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

図鑑が好きなのだ 1

「えほん百科」(平凡社)

071018a.jpg


こどものころ、飽きもせず絵を暗記するほど眺めた本である。

とても大きな本だと思っていたが、今になって計ってみるとB4サイズにすぎなかった。
しかし、見開きB3(364x515mm)という大きなサイズに隙間なく詰め込まれた図像は、小さかった自分にとってはとても広大な世界で、キザな表現をするなら、まさに「イメージの海を航海するような」気分にさせてくれた。

なかでも7巻めは自分のお気に入りである。SF好きの原因となったであろうイメージを刷り込んだ2つの絵がある。

071018b.jpg


なんというダイナミズム!小さなころこんな絵を見て、ときめかない筈がない。
この絵では、右側の冥王星の方が太陽に近いように見える。当時は絵のレトリックを理解していなかったため、後半の「かいせつのページ」との記述の違いに悩んだものだ(笑)。今みると、編集者の苦しみも理解できるが、工夫の余地はあったな、と思う。
いずれにせよ、この絵は夢に出てくるほどインパクトがあった。


もう一つはB3の画面にぽっかりと浮かんだこの地球。この本の初版は人類が月に着陸する5年前に発行されていたのだ。

071018c.jpg



全12巻組でジャンルは科学から日常の社会のあれこれ、昔話まで多岐にわたる。間違いなく自分の精神の原点を構成した本である。後に6巻組で再刊されていたが、現在は絶版となっている。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/235-63b4e3da

0件のトラックバック

2件のコメント

[C174]

モノ保ちいいなぁーー(笑
昔は想像力だけで描いてるもんね。
そういうほうがリアルな写真とかより
リアリティがあるってのが面白い。
  • 2007-10-19
  • ヤポ
  • URL
  • 編集

[C175] Re:

世界初の人工衛星、スプートニクが57年、ガガーリンの有人宇宙飛行が61年だから、当時はまさにリアルな宇宙観が人々の共通のイメージとして驚きとともに認識されはじめたころだったのではないだろーか。太陽の方はどれだけの観測写真があったのか知らないけれど、この絵はすごいと思う。
  • 2007-10-19
  • horirium
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。