Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/239-6f70da16

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

図鑑が好きなのだ 3

21世紀こども百科

071023a.jpg


小学館の『21世紀こども百科』は百科事典形式を採っているが、図版中心の内容なので「図鑑」の仲間にいれていいだろう。ちなみに背表紙の「WOW」という文字は「WORLD WATCH」ということだが、今となってはあまり意味あるようにも思えない。

第一版は91年に刊行された。それまでの紙箱入りの装丁をやめ、内容も写真を多用して、図鑑の世界に新風を吹き込んだ。この後、他の出版社もこぞってこの形式を追随したようだ。

内容は486頁、重量にして1.7kg以上という重厚さで、基本的に見開きの2頁で1項目という体裁。

項目は百科事典なので多岐に渡り、「DVD」や「モバイル」などといういかにもup to date を意識した項目もある。しかしながら如何せん、わずか220ほどの項目数では少なすぎて中途半端な印象が否めない。
例えば「ほ」の項目を見ると「ほうせき」と「ボランティア」しかないのである。「ほし、ほっかいどう、ほっきょく、ほね、ほん・・・」まだまだ興味ある項目はあると思うのだが・・・

また、中には見開き2つ分、計4頁に渡り1つの項目を説明している部分もあるのだが、基本的に2頁で1項目なので、盛り込める内容が制限されすぎだ。

例えば「いぬ」の項目はわずかにこれだけ。

071023b.jpg


「もうどう犬」などという説明も入れてバランスに配慮しているのは伺えるが、これでは犬種だけでも少なすぎるだろう。

説明不足はネットで、ということでもあるまいが、小学館のホームページでは内容と関連あるWEBにすぐ繋がるようリンク集が用意されている。

http://21kodomo.shogakukan.co.jp/hyakka/index.html


新しい意欲ある図鑑に拍手を送りたいが、実用性には大いに不満が残る。百科を標榜するのであれば、せめて全5巻組ぐらいにしてまず基本的な「容量」を確保してほしかった。もっとも1冊税込み¥5,250という価格では親としても手軽に購入はできないだろう。とにかく現状ではコストパフォーマンスが悪すぎる。


さて、上記の容量の欠点をフォローするかのように、『21世紀こども百科』は現在、他に11項目のテーマ別百科を刊行している。

「百科」という名称の意味がだんだんあやふやになっていく感じだが、図鑑のような分類を使えないので苦労しているような節も見受けられる。素直に昔みたいに「あいうえお」順にすればいいのに(笑)。

ざっと書店で「学研」と「小学館」のものを見比べた感じでは

『ジュニア学研の図鑑』→『21世紀こども百科』→『 ニューワイド学研の図鑑』→ 『小学館の図鑑NEO』シリーズの順に内容が高度になっていくような印象なので、ドル箱の『小学館の学習百科図鑑』が絶版となって「低学年向け」部分の開いた穴を補う意味もあるのだろうか。



さて、他のテーマの本を少し紹介。

『21世紀こども百科 大図解 』

071025c.jpg


帯に「理数系に強い子を育てる」とある。「大図解」とはいい所をついた(笑)。こどもなら誰でも分解図は大好きだ。

しかし、この本は初版が1995年なので家電系の絵はみなやや時代遅れとなってしまった(2000年版)。また、項目ごとになぜか内容の出来不出来の差が大きい。

例えばこの「スペースシャトル」、精密画の美しさは申し分ないところ。

071025d.jpg


全頁がこのレベルならいいのだが、例えば「コンピューター」の項目を見ると・・・。

071025e.jpg


はぁ?コンピューターの中では、ヘンな虫がハチマキして仕事してるってか?何じゃ、こりゃ!?この絵はどう見てもコンピューターの解説に寄与していないと思うが・・・。
こういう全く子供騙し以前の言っちゃ悪いが「能のない」図版の項目が所々にあり、全体のレベルを下げている。(また、この変なキャラクターがあちこちの項目に出てくるのでウザイ(←「広辞苑」新採用(笑))。)
高度な図解の頁との落差が大きいので今ひとつ編集方針が理解できない。



『21世紀こども百科 科学館 』

071025f.jpg


98年の刊行。
科学というよりは、帯に「理科のびっくり箱」とあるように、理科の様々な項目を取り上げている。

身近な実験なども掲載し、充実した内容だ。写真や図解が高度すぎず、かといって容易すぎず、非常にバランス感覚がいいと感じた。
小学生には最適だろう。

071025g.jpg


さらにより上級バージョンのヤングアダルト版のようなシリーズも出してほしいところだ。



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/239-6f70da16

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。