Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/246-034313db

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ソフト:『ColorDialogPlus Charm/Mu』

『ColorDialogPlus Charm/Mu』

WindowsでCADなどのソフトを使う場合、線などの色設定をするときには、Windows標準搭載の「色の設定ダイアログ」を使う場合が多いと思います。

071121a.jpg


このときストレスになるのはカスタム色(「作成した色」)が、わずかに16色しか作れないこと。それ以上の色を作成するとどんどん上書きされていきます。

そんなストレスを解消する優れもののソフトが「妖精館」さんの『ColorDialogPlus Charm/Mu』です。

作成した「色の設定ダイアログ」を名前をつけて保存することができます。(このソフトは「ベクター」などで検索する場合、「カラーパレット」で検索してもヒットしません。「Windows>アミューズメント>デスクトップ>色設定」の項目にあります。)


ソフトを解凍してアイコンをクリックするとステータスバーにアイコンが表示されます。通常はこれで起動しています。

ソフトの色の設定ダイアログを表示すると、通常より少しデザインが変化して、「色の設定 Charm/Mu」と表示されます。

071121b.jpg


このとき「W」ボタンをクリックすると作成したカスタム色のダイアログを保存することができます。
デフォルトではColorDialogPlusフォルダ内の「users」フォルダ>ユーザー名フォルダに拡張子「pli」がついて保存されます。

「O」ボタンをクリックすると保存していた色の設定ダイアログを呼び出すことができます。

「01.pli」という名前で保存していたダイアログを呼び出したところ。

071121c.jpg


「+」ボタンを押すとカーソル位置の色を取得することができます。パレット内だけでなく、モニター上のどこからでも取得できます。取得すると、まず「+」ボタンの色が変わります。

071121d.jpg


この状態で「V」ボタンを押しそのままドラッグし、パレットの好きな保存位置でボタンを放すと取得した色を取り込むことができます。通常の色の設定ダイアログでは、「色の追加」を押すと必ず左上の位置にしか取り込めないのですが、ColorDialogPlusはこのように融通がきくので便利です。

071121e.jpg




ステータスバーのアイコンをクリックして設定画面を立ち上げると、「色ダイアログ内の強制的な再配置」というチェックボックスがあります。

071121g.jpg


ここをチェックしておくと色の設定ダイアログを表示させる度に、前回の最終状態のダイアログが表示されるので、一々保存したダイアログを呼び出さなくて済みます。ただし、呼び出し前のダイアログのパレットは破棄されてしまうので注意が必要です。必要な色のダイアログはこまめに名前を変えて保存した方が無難でしょう。
(「サービスの開始」はこの状態で起動中を示しています。押してしまうと「停止」となります。また、ウインドウを閉じるのに「X」を押すとソフトが終了してしまいます。「-」で収納してください。)

「色の設定ダイアログ」を使用する別々のソフトでも同じカラーパレットを使用することができるので便利です。


その他、ColorDialogPlusには便利なプラグインがいくつか用意されています。「Plugins」タブをクリックして呼び出すことができます。種類と詳細は「妖精館」さんを参照してください。

071121f.jpg





この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/246-034313db

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。