Entries

話題の付箋紙

話題の付箋紙

最近発売された新コンセプトの付箋を購入してみた。

1.「無印良品 貼ったまま読める透明付箋紙」

「空想無印」の企画で、利用者からの提案を商品化したもの。
ほぼ葉書大の大きさで上部30mmだけに糊が塗布されている。想像していたほどの反り返りも無い。

080324a.jpg


サイトで説明されているように、いろいろなシチュエーションでの利用が考えられるだろう。

ただし、使ってみるとこれがかなり記入性がよろしくない。まあ、トレーシングペーパーなので仕方がないのだろうけど。

080324b.jpg


まず、ボールペン。なんとか記入できるが、線が頼りなくなり、視認性が悪い。下の書面に痕が残るので、強く書くわけにもいかない。

水性ボールペン、マーカー、万年筆など、水性系のものはなんとか書けるものの、かなりはじかれる。また、吸湿性が悪いので、乾くまでかなり時間がかかる。手で擦らないように注意が必要。

あまり普段は使わないが、細書きの油性マジックならノリがいい。(『銀座』の部分)

鉛筆はHで書いてもまるで2Bぐらいで書いているかのように磨り減っていく。トレペの表面が粗いからだ。
トレペといえば、手書きの図面を書く場合に用いる用紙が思い浮かんだ。試しに0.3mmの製図用シャープペンシルで書いてみたところ、良好な感触を得た。
というわけで、ちょっと普段使わないような筆記具が必要になるかもしれない。
また、価格的には20枚で525円は付箋としては高いのでは。これではトレペのパッドとマスキングテープを買った方が使い手があるだろう。


2.「コクヨ ドットライナー ラベルメモ 全面にのり!」

080324c.jpg


側面に「pull up」と書いてある側1cmほどだけ糊が付いていないので、ここからめくる。数枚だけ剥がして持ち運ぶと分からなくなるので、色を付けるなどの工夫が欲しいところ。

080324d.jpg


糊自体は通常の付箋と同じぐらいの強度なので、モニターの枠などもともと付きにくい所に貼るには心許ない。
ただ、やはりカール状にはなりにくいので、アイデア出しなどの場面ではよりすっきりした書面が作れそうだ。現状、色は濃い黄色と白しかないようなので残念である。

ここでちょっと別の使い方を考案してみた。

080324e.jpg


写真は「カール事務器」クラフトカッター。刃先をミシン目刃に交換してある。

これを使ってこの付箋紙にいくつかの切れ目を入れるのだ。

080324f.jpg


ミシン目があると、使用状況によって大きさを変えたり、ToDoなどで処理した項目を切って捨てることができる付箋になる。(写真は分かりやすいようにミシン目で折り曲げてある)

実はこのような付箋を大分前に考案したのだが、すでに件のコクヨさんが権利を取得していたのだ。一向に製品化してくれる気配がないので残念だ。ミシン目のある付箋は需要があると思うのだが。


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/287-d402a4b8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ