Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/329-e41676e4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ストリートビュー

Googleマップのストリートビューが日本でも始まった。

まだ、首都圏と関西、宮城県などごく一部だが・・・

それにしても凄い。Googleアースが始まったときも衝撃を受けたが・・・
3D表示で道路を立体的に進めるのだ。

巷ではプライバシー問題でさわがしいようだ。確かに人物が写っていたり、表札や車のナンバープレートが読み取れそうな気配もある。

いったいこの技術がいいことなのか、どうなのか、始めてのことなので、誰もまだ判断がつかない様子。

しかし、なんというGoogleの野望。いったいどれだけのデータ量となるのだろうか。最終的にはどれ位の頻度でデータを更新したいのだろう。どれだけのハードがどれだけのエネルギーを消費すればもう一つの地球それ自身の姿を描画できるというのだろう???

何年も前に世界の観光地を3D化するSFを考えた。ルーブルでも大英博物館でも全ての収蔵品を1/100mm単位でデジタイズして有料で提供するのだ。息が掛かるほど近くで見ることもできるように。

その結果、観光客は激減し、航空業界は傾き・・・いやいやSFどころではない。現実として進行し始めた。飛行機の燃料消費は減るかもしれないが、データの維持にそれ以上のエネルギーがかかりそう・・・そのうちリアルタイムの更新?動画?行き着く先は気が付いたらネットに繋がっていたというマトリックスの世界?
(私のSFでは視聴者の視点や聴覚をデータに投影し、リアルタイムでスポーツやコンサートにコネクトすることができるようになっていく。あこがれの選手やアイドルに近づいて見ることができる。もちろん、近く寄るには高い料金が必要(笑)。例えば、イチローの視点で現実の松坂の球を見ることもできるのだ。朝青龍と白鵬に挟まれて組み手をチェックすることもできる(笑)。これは今の技術でもたぶん可能。処理能力だけの問題。)

何か知らんがすごいことになりつつある。



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/329-e41676e4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。