Entries

グッドデザインエキスポ2008/2

ビークル関係

DN-01 ホンダ

080825a.jpg

水冷・4ストローク・OHC・V型2気筒680ccエンジンと、オートマチックトランスミッションを搭載した、大型二輪スポーツクルーザー。
いわゆる大型スクーターとは一線を隔した、スポーツバイクのスタイリングですが、ハンドル形状だけがこうなのは何か意味があるのでしょうか?


ジェンマ スズキ

080825b.jpg

二人で乗ることをメインに、「フルフラット2シーター」というコンセプトのスクーター。サイドのフォルムはなかなかに流麗。キャッチーなフロントはヘッドライトがあたかも光学機器のよう。
フロントマスクが左右非対称でおもしろい。サイトによると、

『ハイビーム(60W・マルチリフレクタータイプ)とロービーム(55W・プロジェクター)を組み合わせた異形ヘッドライトと、長く伸びたウィンカーがフロントマスクの個性を主張している。』とのこと。「異形」って・・・「化け物」という意味ですがな(笑)。

それにしても、「ジェンマ」って・・・・名前の由来を語り始めたあなた、年齢踏み絵、踏んでます。


「BW'S(ビーウイズ)」

080825c.jpg

BW'Sと言えば、横目2灯とライトガードが印象的なオフロードスタイル スクーターが思い浮かびます。

今回は縦目2灯に・・・・。2007年の東京モーターショーに出されたコンセプトモデルと比べると随分と大人しくなったものです・・・つうか、なんでここまでダサく・・・。


FCXクラリティ ホンダ

080825d.jpg

新開発の燃料電池 V Flow FCテクノロジーをコアとしたホンダ渾身の次世代車。
しかし、このエクステリアのなんという美しさ!本体の実証段階は終わった感がありますね。燃料電池は、このあとの水素供給ステーション等、社会システムの整備の方がたいへんかも。


IQ トヨタ

080825e.jpg

世界最小4人乗りプレミアムカー。今年中に販売予定とのこと。
ガソリンエンジンながらプリウスを上回る燃費(30km/l)とのこと。諸元はともかく、サイズ的にはすでにダイムラー・ベンツのスマートがあるので目新しさはないかもしれません。たしかに小さくて、さすがに後部座席は窮屈そうでしたが。

CARVIEW.CO.jp(写真がたくさんあります)


Winglet トヨタ

080825f.jpg

立ち乗り型のパーソナル移動支援ロボット。トヨタのセグウェイですね。セグウェイより車輪径が小さいと思っていたら、折り畳んでの持ち運びを想定しているようです。

080825g.jpg

それにしてもハンドル無しで脚で挟むというのは・・・怖そうというか、筋肉が疲れそうです。

トヨタのサイトにある動画を見ると・・・なんだろ、なぜか非常に人間の劣化を感じるんですけど(笑)。というか、速度や使い方として必要性が不明の動画です。車に積んで目的地まで行き、歩くのが面倒だから室内でも使う・・・そうじゃないでしょう。なんだろう、この違和感。


Mobiro トヨタ

080825h.jpg

同じく二輪制御の車いすタイプ。座ったまま移動し、ある程度の段差や斜面を越えたり、環境センシングによって障害物回避や自律走行ができるようです。こちらはもちろん、脚の不自由な方など、いろいろな使用場面が想定できます。




その他、たくさんの自動車、重機が出展されていました。重機の操縦席はどれも子供が乗っていたので座れませんでした(笑)。

080825i.jpg



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/337-74f43f5d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ