Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/474-1cdf577b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

真夏のオリオン

「真夏のオリオン」






映画界では俗に「潜水艦ものにはずれなし」などという。逃げ場のない文字通り息詰まるような舞台設定は、それだけで物語に緊張感を与えるからだ。

「真夏のオリオン」は全体的にやや説明的にすぎるきらいはあるが、シナリオはなかなかよくできていると思った。監修・脚色に「福井晴敏」氏が参加しているので、『ローレライ』のようなとんでも設定だったらどーしよう、と心配したが、今回は堂々と直球勝負で構想がよく練られていると思う。


プレスリリースには往年の名作『眼下の敵』をリスペクトしている旨が記載されているが、駆逐艦「パーシバル」側の描き方あたりにかなりその影響がありそう。(といってもよく覚えていないので久しぶりに『眼下の敵』を見てみたくなった。)

主演の玉木宏は冷静でひょうひょうとしたキャラクターを演じている。役者さんはどうやら全員が体重管理をしたように伺えるが、玉木君のやせ方はちょっと引いてしまうほど(笑)。


090530a.jpg
げっそり(笑)



残念なのは「絵作りが軽い」こと。コスト的に仕方ないとは思うが、潜水艦も駆逐艦もセット、あるいは部分ロケで、大海原での躍動感にまるで欠ける。潜水艦の艦橋での背景合成など、昔の東宝映画あたりへのオマージュ(つまりブルーバック)かと思ったぐらい(笑)。

一番の見せ場である潜水艦の中も、全体的にデザインはよく出来ているのだが、重厚感に欠ける。息苦しさや鉄やオイル、汗の臭いなどが画面から伝わってこないのだ。『眼下の敵』だけでなくウォルフガング・ペーターゼンの『Uボート』もリスペクトすべきであった。

また、フルセットとはいわない、CGでもいいから架空の潜水艦「イー77」の外観をもっとちゃんと見せるべきだろう。

お話はいいので、ロードショー前からなんだが、海外資本でリメイクしてほしい・・・。


「真夏のオリオン」公式サイト

「PIT-ROAD」(艦船模型メーカー・「真夏のオリオン」関連製品ページ有り)






この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/474-1cdf577b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。