Entries

雑誌「MONOQLO」

ここ2回ほど、モノ系の雑誌「MONOQLO」(晋遊舎)を読んでみたが、なかなか興味深い。


091112a.jpg


モノ系雑誌の嚆矢である「モノ・マガジン」が創刊されたのが27年前。それ以来、経済の浮き沈みとともに同様の雑誌が多数創刊されあるいは淘汰されていった。元祖のモノ・マガジンが今でも健在であるということは賞賛に値することではある。


このMONOQLOも同様のモノ雑誌かと思っていたら、かなり毛色が違う。

従来のモノ系雑誌が基本的に新製品を羅列した単なる「カタログ」の域を脱していないのに対し、本誌は独自の「批評系モノ雑誌」というべきジャンルを開拓しようとしている。(ズバリなネーミングの「家電批評」や「時計批評」という雑誌も本誌からスピンオフしているようだ。)

実際、11月号表紙には「辛口批評」とあるように、薄型テレビに対しかなり切り込んだ評価を行っている。これは出版社にしてみればかなりのチャレンジだと思う。「これは買ってはいけない地雷モデル」などという評価をされては、正直、メーカー側の心証も覚えめでたくないだろう、と思われるからだ。

これではメーカーからの直接の情報も取りにくいだろうし(まあ、どこかで大人の予定調和ってのはあるのかもしれないが)、独自の取材でここまで書いているとしたら大したものだと思う。



モノ・マガジンが綺麗な製品の写真を並べ、通販カタログとして生き残る道を選んだのに対し、まあ、なんとハードルの高い方法を選んだことか。しかし、足で稼いだ記事などもあり雑誌として読み応えは比較にならない。中には「えっ、こんなこと書いてもいいの?」と思ったほどの記事もあった。作っている方も単なるブツ撮りの写真を並べるよりは雑誌屋として面白いだろう。(そういえばここ何年もモノ・マガジンは買った覚えがないなあ。)

ネットの価格コムなどに集まる口コミと違って、深く専門的な情報をどれだけ仕込めるかが勝負だと思うが、1ヶ月であるジャンルを比較検討し、歯に衣着せぬ評価をするというのは雑誌が売れない時代のひとつの方策かもしれない。
なんとなれば個人では複数の薄型テレビを実際に操作して検討するなどというのは現実的になかなか困難だからだ。

もちろん、マイナス面もある。ひとつは月刊というタイムラグ。読んでおすすめの製品を探してはみたものの、既に新製品に入れ替わっているというリスクがある。実際、読者からもそういう意見があるようだ。
また、出版社側としては、地デジに特化した特集をしても、例えば既に地デジを購入した層にはあまり訴求しない、などということもあるだろう。

全ての評価サンプルを自費で購入していては制作費的にも持たないと思うし、今後この高いハードルをどうやって乗り越えていくのか楽しみだ。今後とも頑張って欲しい雑誌で、個人的に「成り注(成り行き注目)」なのだ。








この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/551-8785377f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ