Entries

OLFA ラチェットコンパスカッター

2010年立体カレンダー』で取り上げたOLFAの「ラチェットコンパスカッター」を購入しました。

100110a.jpg

黄色い部分の材質はおそらくガラス繊維で補強されたABS樹脂で、たわみにくいようになっています。紙を切る分には十分な強度があります。(厚手のプラ板などを切るにはこれではまだ不十分だというので、金属などを瞬間接着剤で貼り付けて補強しながら使っている人もネットで見かけました。)

左下の黒い丸は紙に針の穴が開かないようにするためのプレートです。一応十字の印がありますが、不透明なのでセンターを出すのは難しいようです。切り取り線は関係のない、ベタの丸を切ればよい、というときには役に立つでしょう。

持ち手部分の「ラチェット」は正直言ってほとんど有効性が感じられませんでした。(カットできる円の大きさが多少小さくてもよいのなら、通常の「コンパスカッター」の方がお安いです。)ただ、太い分だけ持ちやすいということはあるかと思います。


さて、サークルカッターでいつも困っていた切り取り半径の位置合わせですが・・・

100110b.jpg


これはめちゃくちゃ調整しやすい!紙用なら『2010年立体カレンダー』で取り上げたサークルカッターはみんな忘れちゃってください。私が今まで使った中では一番使いやすいですね。工作好きにはこのコンパスカッターをオススメしておきます。


わずかながらの弱点はブレードが特殊なこと。

100110c.jpg

本体を購入すると最初に10本替え刃が付いていますが、切らしたとき、なかなか普通のカッター刃が代用しにくい構造になっています。

それでも無理矢理工夫してみると・・・

100110d.jpg


真鍮の留め金の内外を入れ替えて装着するとかろうじて一般のカッター刃を挟むことができました。これでもケント紙ぐらいは十分切れましたが、刃の、紙への当たり角度がきつくなるのでひっかかりやすくなりました。回転方向に少し寝かせながら切るとなんとかなります。刃がショートしたときの応急措置としては使えるでしょう。


コンパスカッターについてはもうひとつネタがあります。現在、実用性を実証中なので近々また文房具ネタとしてアップしたいと思います。





この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/568-3b313881

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ