Entries

自作手帳のレジェンド

手帳仲間のCKMさんのセッティングにより、20年以上も前からシステム手帳を自作されているグラフィックデザイナーI氏のお話を伺ってきました。

I氏のホームページ↓


Refill Maniax


I氏は高校生のころより手帳を付けはじめ、30歳をすぎたころから仕事の腕前を活かし、システム手帳を自作するようになったとのこと。

とは言え、当時はパソコンなど普及する以前の話。罫線などはすべてロットリングというプロのデザイナーが線を引くのに御用達の筆記具を使って描いていたとのこと。

そして文字も当然ながら今のようにDTPで簡単に表示できるわけではなく、すべて活字や写植をコピーして切り貼りしていたということです。

でもその完成度は本当に高く、今見ても、手作りなどとは思えないレベルです。

そこで、ふと気がついたのです。当時は当然ながら手帳を発行しているメーカーも写植を切り貼りしていたのだろうなー、と。それで1冊の手帳を作るためにはいったいどれだけの手間がかかったのだろうか、と。年ごとにデータを流用できるわけもなく、本当に1年かかる仕事だったに違いありません。この点、さすがのI氏もリフィルは汎用に使えるよう、日付や曜日は後から記入できるようなフォーマットにされていました。


氏の自作リフィルが紹介されていた、ビジネスアスキーから出ていた「リフィル通信」という当時の雑誌見せていただいたのですが、そこでは他にもいろいろな自作のための工夫が紹介されいました。当時、今のようなパソコン環境など望むべくもなかったわけで、なんと「プリントゴッコ」を使ってリフィルを作るという方法が載っていたのには感動さえ覚えました(笑)



I氏はご自分専用のリフィルフォーマットの改良を重ね、イラレで作製されるようになった今も何度もヴァージョンアップを重ねておられます。(詳細は氏のホームページをご覧下さい。)


そしてI氏がすごいのは実は古くから自作をしておられたということだけではありません。

それよりむしろ氏の自分のデータを記録するという、そのこだわりの姿勢がすごいのです。なんともう20年以上に渡って、起床から就寝までの間の一切合切を記録しておられるのです。食べたものなどは当たり前。岡田斗司夫がレコーディングダイエットを有名にする20年も前から氏は当然のごとく記録し続けておられたのでした。

他にも天気、気温や社会の主なできごと、朝晩の気分、体温、血圧、排泄、運動、睡眠など体調に関するもの、1日の行動、買い物、服装、出会った人などの記録まで1日のルーティンが凡そ70項目にも及ぶのです!

それ以外にも仕事関係の記録、月ごとの記録、1年の記録、12年周期の記録と、それはまさに「ライフログ」と呼ぶにふさわしいものです。

ひとつには氏はご病気も経験され、健康管理のデータとしての目的もあるわけですが、やはりそれだけの理由ではなかなか納得できません(笑)

そして氏の自慢はそれだけのデータをバイブルサイズ1枚の中にコンパクトに収めたフォーマットだと語っておられました。まさにグラフィックデザイナーとしての自負を感じました。


手帳に書くものを大ざっぱに予定などの未来方向のベクトルを持つものと、記録、日記というように現在から過去へのベクトルを持つものに分けることができるかと思うのですが、氏の記録はまさに現在の状態の記録そのもの。日記のようなエモーショナルな部分はあまりなかったように思います。

私はI氏に自身の内側を見つめようとして座禅を組む僧のような姿を重ね合わせてみたのですが、むしろ、自身を外から冷静に観察する科学者のような姿の方が的を射ていると言えるかもしれません。


私は全くずぼらな人間なので、日々の記録を付けるようなことはできていないのですが、以前から「ライフログ」を録るという概念には惹かれるところがあります。
自分でも全然まとまっていないのですが、今の言葉でいうと、ライフバランスとでも言うのでしょうか。なんのために人は生きているのか、というと大げさかもしれませんが、「人生」という航路を考えるためには現在の位置を知るための、何らかの「ログ」というものが必要なのでは、となんとなくそんなことを漠然と考えているのです。

そんなわけで、とにかくいろいろと学ぶところの多かった1日でした。







この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/592-af6555d0

0件のトラックバック

2件のコメント

[C424] ありがとうございました

horirium さん

手帳仲間のCKMです。
horirium さんの仲間に入れて頂いて光栄です。
先日のミニオフ会、本当にお疲れ様でした。
長時間でしたが、あっという間に感じられて
ヘタすると三次会もありだったような勢いで
したね。
当日のレジェンドのお話をうまくまとめて頂い
て助かりました。
今回残念ながら参加できなかった方からも
次はぜひとのお声がありますので、また、
近いうちに、出来れば2~3ヶ月に一度位の
ペースで集まれたらと思っておりますので、
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
ありがとうございました。

[C425] Re: ありがとうございました

お疲れ様でした。
合計9時間位でしたかね?
でも、全然誰もテンションが下がらない(笑)

こちらこそ、とにかくCKMさんのセッティングにおんぶにだっこしていただけで・・・・いろいろとご配慮いただきお礼の言葉もありません。

参加された他の方々の発言も大いに勉強になったのですが、私のキャパを越えるため(笑)、レジェンドのお話にブログのテーマを絞りました。それでもいろいろと抜け落ちているところや、あえて書かなかったところもあります。

今後ともいろいろな切り口でミニオフ会ができればと思います。話を深掘りできたり、脱線歓迎など、持ち時間を気にしなくていいのが、人数の少ないメリットですね。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。


  • 2010-02-25
  • horirium
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ