Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/640-86a9251f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

パナソニックの対応にものづくりの原点を見た!とか書いてみる

お風呂場の電球が切れた。

電球といってもパナの「パルックボール スパイラル」。蛍光管を電球形状にしたもので、省エネ、長寿命をうたった製品。スイッチを入れても点灯したりしなかったりするようになり、そのうち全く点かなくなった。


100612a.jpg



あれ、まだ1年ぐらいしか経っていないのにな、結構高かったように思うが、ちょっと早すぎるんちゃう?ハズレ引いたかなあ、ぐらいに思っていた。

ところが丁度そのとき、タイムリーにパナの蛍光灯のリコール記事を目にすることになった。


「パナソニック:業務用蛍光灯に不良品 無償交換へ」(どうせすぐにリンクは切れるから貼りませんが、「リコールナビ」などに情報が挙がっています。)


その記事の「蛍光灯」と「インドネシア製」というところが一致したのでこれも該当するのかな、と思って電話してみた。
実際には「直管」のみということで該当する製品ではなかったのだが、担当の方が「お風呂場ですよね?それならそんなに使われてませんよね。一応本製品の定格寿命は6000時間となっていますので不良品だと思われます。」ということで、丁寧に謝罪され、代替品を送って頂けることになった。

電球のパッケージは切れた古い電球を入れてゴミに出してしまうので手元に残らないことが多いと思う。たしかに送られてきたパッケージには「長寿命約6000時間」と明記されていた。


100612b.jpg



シャワーで済ますことも多いので1日1時間も点灯していないが、仮に1日1時間点けていたとしても365時間。確かに十分の一も経っていないのでたまたま良品でなかった可能性が高い。

パナがエライのは代替品を送ってくれるだけでなく、着払い伝票付きで、切れた電球を送り返してもらい、ただちに原因究明を行いたいと仰っておられるところ。確かな製品を作るための地道な努力がある。

切れた旧製品(右)と新品(左)を比べると、

100612c.jpg


ロゴがNationalからPanasonicに変わっていること以外に、白い樹脂の部分のエッジが取れ、デザインにも手が加わっていることが分かる。ガラスの質も変わったようだ。日々カイゼンがなされているのだ。

日本のものづくりはエライのだ!



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/640-86a9251f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。