Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/66-1f434944

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

竹尾ペーパーショー・インプレ

久々に竹尾ペーパーショーを見る。やはり紙好きにとってはなかなか楽しい展示でした。

pa01


2006のテーマは「紙のバランス。人のアンバランス。」
こういう抽象的なお題目はまあ、ご愛嬌。「何が言いたいねん!」と突っ込んではいけません(笑)。

しかしながら、「紙の素性」として、パリパリ、ふんわり、スケスケ、ツルツル、ザラザラの5つのキーワードでテクスチュアの面から展示をセグメントしたのは分かりやすかった。

展示は現行すでに流通している紙製品と、デザイナーがそのキーワードごとにコンセプトを表現した作品展示ブースに分かれていた。

展示品や作品はどれも興味深かったが、せっかく「テクスチュア」をテーマにしながら、「お手を触れないでください」となっており、ショーのあり方としては不満が残った。
 紙の作品なので触らせられないことは分かるが、せめて素材の切れ端をサンプルとして用意しておけばいいのに、と思う。5つのキーワードはどれも触らないと分からないからね。もっとも、こういう触れないと分からない展示では私は係員に怒られるまで触るので関係ないが。もちろん、壊さない節度を持ってだ。「お手を触れないでください」は『素人は』ってことと理解するべし。自分が触って確認しなければいけない、と思うなら係員ときちんと対峙して触ればよいのである。
 
また、作品をぽんと置いておくだけではなくて、紙の仕様やら、製作過程の様々な要素をボードで展示するなど、もっといろいろ学べるようにすればよいのに、と思う。

触っちゃダメ、写真はダメ、サンプルもカタログも不十分なものしか用意されていない、では商機を逸しているようにしか思えないが・・・工夫次第でもっと学生やクリエーターにとって有用な展示になるのに、と残念である。

pa02


写真は現行流通品。「ミントデザインズ」によるバルカナイズドファイバーを用いた紙ボタン。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/66-1f434944

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。