Entries

災害避難所のパーテーション 1

東日本大震災の避難所では、プライバシーについてもきちんと守られている所もあれば、まだまだ厳しい状況の所もあるようだ。

避難所生活 依然厳しい状況に 110416 NHKニュース


産経デジタルから抜粋したパーテーションのまとめサイト

『避難所の体育館のプライバシー、もう完璧。 「まるで自分たちの家みたいで住みやすい!」』 2のまとめR


このサイトの一番上の屋根のないタイプは海外でも話題になっていたもので、シートの中に長円型のワイヤーが仕込まれていて伸展するタイプだと思う。

一番下の写真のように段ボールの間仕切りだけを作り付けたものは無いよりは随分ましだが、プライバシーが守られるというわけにはいかない。

最も完璧なのが真ん中のもので、これは「シェルターボックス」のいうイギリスの団体が送ってくれたものと思う。

5570970492_4fd4eeaa0e.jpg



「シェルター無償提供 英国のNPO法人」 岩手日日新聞社


「Shelterbox」

シェルターボックスはその名の通り、テントだけでなく、避難の際に必要な物資などが入ったボックス型の救援セットとなっている。


テント (防水、高温の環境試験済。暴風も耐える)、雨水の浄水器 、金槌、斧、のこぎり、しゃべる、鍬、プライヤー、ワイヤーカッター等の道具、煮炊きができるコンロ、寝具、塗り絵などが入っているとのこと。

It's all about the box





このテントが優れているのは、防水性などの耐性があるのに、白色で採光性がよいこと。段ボールなどで屋根を付けた場合はどうしても中が暗くなるという欠点が出来てしまい、人工の灯りを付けるか、採光窓を開けなくてはならない。

しかし、おそらく価格的にはこのようなテントは高価になるはずでどこでも全員に配布するというのも困難だろう。

比較的価格の安い段ボールのテントなども考案されているようだ。

避難所の生活空間を改善する「ダンボールシェルター」--工学院大学が開発、提供へ cnet Japan


次回、遅まきながら、私が考案した段ボールの簡易パーテーションを紹介します。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/759-328b0967

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ