Entries

本:『切手であそぶ絵封筒』

『切手であそぶ絵封筒』 ニシダシンヤ著 アスペクト


110427a.jpg



昨年の5月、twitter上で一枚の請求書が話題になりました。

「天気のいい日にはかわいい請求書を。 」


それがニシダシンヤ氏のユニークなイラスト入りの請求書でした。この楽しさに私もRTしましたよ。

そのユニークな封筒の反響があまりに大きく、とうとう本にまでなってしまったということです。


ニシダ氏の作品は、いわゆる「絵封筒」というよりは、切手の図柄を元にしたストーリーを絵にしているところにオリジナリティがあります。
この本では、切手からイメージを膨らませる絵封筒は、実はそんなに敷居が高いものじゃないんだよ、ということが楽しく語られています。

1枚の切手を1コママンガのように使うだけでもユーモラスな世界が広がるのです。
(でも、作者は、たった1枚のキジバトの切手から24作もの1コマのアイデアを出しています…やっぱり、発想力が違うのかな、ううっ…)

とにかく花の切手の使い方などは、誰でもその構成を真似して、しかもオリジナルの絵ができそうです。アイデアに富み、とてもかわいらしい本なのです。


最近、絵封筒の本が他にも出ていますが、やはりメールなど利便性が高いけれど無味乾燥になりがちなIT時代の反動なのでしょうか?いえいえ、実は、絵封筒に代表されるような、郵便で遊ぼうという、いわゆる「メールアート」いう分野は実はそれなりに歴史があるのです。30年ほど前、関西でメールアートを提唱した天才的な二人のデザイナーがいました。いずれ、そのことも当ブログで書いてみたいと思っています…。











この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/761-e927ee1e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ