Entries

2012年の手帳 2 余白の手帳2種

先日、2012年の手帳でサンスターの「プチジャム」を紹介しましたが、他にも気になっているものが。
いずれも余白に着目した手帳です。


「ティーズフリーダイアリー」


手帳の高橋の「第14回手帳大賞」最優秀作。

外側の余白を大きく採って書ききれないものを書こうという手帳。
実際、手に取ってみると、余白が大きくなった分、版型も大きくなるので好き嫌いがあるでしょうね。
(あ、いや、逆でした。外形はA5そのまま。ヴァーチカル部分がむしろA6程度のイメージ。)

個人的には好きなデザインですが、方眼がやや強いのでむしろ無地にして欲しかったです。
まあ、そうすると製造元としては仕事していないようなイメージを与えるので避けたのかもしれませんが…

作者のHP  sohiro TAKAHARA




そう言えば、2009年の「コクヨ デザインアワード」優秀賞に『「ヨハク」/ノート』というすばらしいデザインがありました。
マージンをデザインするという逆転の発想に衝撃を受けたものです。このノートは製品化されないのかなあ。

むしろ、こちらは中が方眼のものが欲しい。
うーん、個人使用のためには自作すればいいんだけど。




もう一つ。

LABCLIP/ラボクリップ/サン・アド スケッチダイアリー 2012

「ハンズネット」

「Diaryショップ」



128 × 182mmのスケッチブック。見開きで左側にヴァーチカルのスケジュールが記載され、右ページは完全な余白。むしろ、スケッチブックにスケジュール部を印刷したという、これまた逆転の発想。

しかし、紙質がスケッチブックというよりクロッキー帖に近い?重量的な制約からか、やや薄く、右ページに裏の罫線が透けて見えるのが惜しい。
あと、手書き風フォントが今ひとつ馴染めなかったので購入は見送りました。これでもっとかっちりしたフォントを使っていたら買っていたなあ。かなりデザイナーに訴求する手帳ではないでしょうか。


LABCLIP






この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://horirium.blog7.fc2.com/tb.php/845-817748da

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ