Entries

偶然の錯視2

メモを取ろうとメモパッドを見たら不思議なことに気が付いた。メモパッドの真ん中あたりがぼうっと光っていたのである。写真を撮るために動かしたらやや分かりにくい絵になってしまった、残念(≧∀≦)微妙なページのずれでそこだけグラデーション状に光って見えたのだ。たまたまグリーンのページだったこともあって、何か蛍光塗料のような雰囲気を醸し出していた。偶然の錯視...

箱を折る5

『角折り込み箱』箱の展開図を書いていて、ふと気が付いた角の処理です。展開図(クリックで拡大)あ、もちろん、この方式は検索すると出てきます。単純な方式だし。実用折り紙関係ではポピュラーかもしれませんね。工業製品としては私は見かけたことはありませんが…上図では丁度、立方体になるように設計してあります。ただし、紙の厚みについては考慮していません。折り返しの幅が丁度真ん中までくるようにすると…少し縦長になり...

捻じり星形八面体

前回の立体カレンダーはイレギュラーな星形八面体でした。やはりひねりを入れるなら全ての角に行いたいなと。いろいろ試作しているうちに、「あ、正三角形の中点で繋げばいいのか。」と気が付きました。で、できたのがこれ。「Twisted Stella Octangula Frame」美しすぎる!自画自賛(笑)展開図です。これも一つに繋がりました。 正四面体になる三角形の部分を全部糊付けしてから、短い辺ののりしろをつないでください。割と簡単で...

2016立体カレンダー

2016年の立体カレンダーができました。いつも何かおもしろい形状を探しているのですが、過去のものを見たときに、ちょっとトゲトゲ成分が少ないかなと思い、今回は尖ったものを。で、思い当たったのが「星形八面体」。いろいろ思いついても「カレンダー」なので12か月分のデータが載せられないといけません。また、作り易さ、展開図がA4に入るか、などいろいろと制約があります。さて、ウィキペディアより引用すると、『星型八面体...

陰陽師の五角形

ずいぶんブログをアップする時間が空いてしまいましたm(_ _)m偶然またまた五角形について調べる機会があり、思い出したのがこれ。夢枕獏 原作、岡野玲子 画 のご存知『陰陽師』。この第六巻に下記のような五角形の説明がありました。大きな円の中に半分の半径の円を二つ並べます。「太極図」ができます。外側の円を「太極」、中の円は陰と陽の両極。「一である太極は二である両極を生じ…」と解説されます。さらに中心線によって...

Appendix

プロフィール

horirium

  • Author:horirium
  • My Home Page→horirium

日めくり

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ